2012年06月30日

占領(勢力)が未成年者6人を5年から12年投獄

2012年06月26日

カルキリヤ、(PIC) -- イスラエル法廷は、西岸、カルキリヤの東、アッズーン町のパレスチナの子ども6人に対し、彼ら各々に対する過重な罰金に加え、苛酷な判決を出した。

アッズーンでのイスラエル攻撃記録責任者、ハッサン・シュバイタは、Quds pressに、ジェニンの西、サレム軍事法廷が最近、14歳から16歳までのパレスチナの子ども6人に対し、5年から12年までの苛酷な現実の判決を出し、彼ら各々に過重な罰金を課したと伝えた。少年6人は、昨年の4月に逮捕され、それ以来彼らの裁判は何度か延期されたと、彼は語った。

パレスチナ職員は、法廷が、ハーレド・アブハニーアに12年、オスマン・オムランに9年、ムハンナ・メシャールに8年の刑を判決したと付け加えた。法廷はまた、サジ・イムラン、モハメド・アブハニーエ、サアド・アブハニーエに対し、5年の刑を発した。

シュバイタは、法廷が、拘留者6人の家族に、囚人各々につき8月12日前に、5000シェケル(10万円ほど)支払うよう、でなければ、彼らの刑期はもう1年半延長されるだろうと、課したと指摘した。

原文:The Palestinian Information Center


posted by mizya at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。