2012年07月01日

IPSがパレスチナ囚の頭の中の弾丸の治療拒絶

2012年06月27日

ジェニン、(PIC) -- パレスチナ囚人、シャディ・ムーサは、激痛を被っており、彼の頭蓋から弾丸を摘出する頭部手術を必要としていると、ジェニンの南、マルカ村の家族は語った。

家族は、ムーサ、35歳が、10年前、彼の逮捕に際し、イスラエル占領軍により撃たれたと語った。

彼らは、25年の刑に服すムーサが、非常に重態と語り、イスラエル刑務所業務 (IPS) が、手術を許可するのを拒絶し、彼に鎮静剤を与えるに過ぎないと付け加えた。

家族は、人権集団に、心臓にも問題を被り、心臓手術を2つ受けたムーサの適切な治療を許可するよう、IPSに圧力を加えるよう要請した。

家族は、彼の重態にも拘らず、彼の治療を拒絶することで、イスラエル当局が彼の生命への完全な責任を担うと考えた。

原文:The Palestinian Information Center


posted by mizya at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。