2012年07月09日

注目:何がアラファトを殺したか? クレイトン・スイシャー、アリ・アブニマがThe Streamに

アリ・アブニマ
2012年07月06日金曜日


AlJazeeraEnglish

アルジャジーラの調査記者、クレイトン・スイシャーは、アリ・アブニマが加わり、パレスチナ指導者、ヤセル・アラファトがポロニウム中毒で死んだであろうとの、スイシャーの爆弾暴露を議論するアルジャジーラのThe Streamに出演する。

番組は、アラファトの死に関する、 - イスラエル情報筋により広められた - 彼がAIDSで死んだとの欺瞞の主張を含む作り話いくつかを暴露し、アルジャジーラ調査の背景、発見、限界のいくつかを説明する。

なぜポロニウムか?

また、ピューリツァー賞受賞のサイエンス・ライター、デボラ・ブルムは、Wiredの面白い記事、「暗殺者用毒物」で、なぜポロニウムが - 2006年、反体制に転じたロシア人スパイ、アレクサンドル・リトヴィネンコに使用されたことで有名 - 暗殺志望者にとり、そのような惹き付けられる毒物となるのか説明する:

大部分により、ポロニウム-210は、シアン化水素より約250,000倍有毒であると考えられている。毒物学者は、塩の一粒の量で、平均的大人に致命的であり得ると見積もる。

言いかえるなら犠牲者は、食物か飲み物の死の一服を決して味わうことがない。リトヴィネンコの場合、調査官たちは、彼が、ロシアのスパイふたりと合っている間に、茶の中にポロニウム-210の一服をもられたと考えていた。(余談ながら、アルファ粒子は、放射線検出器を作動させない傾向があり、国から国への密輸が比較的簡単である。)もうひとつの暗殺者利点は、病気が徐々にやってきて、出来事の正確な指摘を困難にすることだ。さらにもうひとつの利点は、ポロニウム中毒が非常にまれなので、標準毒物検査に含まれていないことだ。リトヴィネンコの事例では、彼の死の直後まで、毒は確定されなかった。アラファトの事例で - ポロニウム-210が彼を殺し、それが確定されてないなら - 明らかに、その時、考慮されなかった。最終的に、それは仕事を終わらせる。「ひとたび摂取されると」と、米国規定委員会は言及する、「アルファ線は、主要器官、DNA、免疫系を急速に破壊し得る」。


原文:The Electronic Intifada


 東京電力の原発事故以来、わたしたちニッポンジンは否応なく、放射能に関する知識を貯えた。TVで御用学者らが「アルファ線は紙一枚で遮断できる」と、「紙一枚」で遮断できることが安全な証拠とでも言わんばかりに叫んでいたのを覚えているだろうか。「紙一枚」で遮断できる。薬包紙にでも包んでしまえば、胸ポケットに入れようと、携帯しても影響はなく、放射能検出器を通過する。しかし「紙一枚」で遮断できることが、少しも安全を証明するものでないことは、この記事が証明する。


posted by mizya at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。