2012年07月19日

軍が西岸に住むインタナショナルズを逮捕し追放する

2012年07月11日水曜日
Saed Bannoura - IMEMC & Agencies

イスラエルのYnetニュースが、イスラエル中央司令部チーフ、Nitzan Alonが、イスラエル人口・移民当局に、被占領西岸に違法に住むインタナショナルズ(外国人連帯活動家)を追放するため、捜査し逮捕する「権利」を与える命令に署名したと報じた。

Alonは、イスラエルの許可なく西岸に駐在する外国人を「潜入者」と看做して、彼らすべてが、その国に送り返されなけばならないと語った。

この命令の下、軍は、パレスチナ領域の外国人を逮捕し、すべての追放措置と証拠書類が完結されるまで、彼らをイスラエルの刑務所に移送することが許されるだろう。

彼が「西岸に現在駐在する多くの潜入者」と呼んだもののためこの決定がなされたと、Alonが語ったと、Ynetは述べた。

イスラエルは、西岸の境界ターミナル(検問所)すべてを支配し、パレスチナ領域に住むインタナショナルズは、イスラエルが彼らの入国ヴィザ更新を拒絶するので、多数の困難と妨害に直面する。

イスラエルはまた、その殆どの入国を10年間妨げる、パスポートに「入国拒否」スタンプをすることで、多数の国際平和活動家たちが被占領地に入るのを妨げた。

西岸のパレスチナ自治政府は、境界ターミナルを支配せず、入国ヴィザを発行できない。

被占領西岸に住むインタナショナルズは、P.A(パレスチナ自治政府)がそうしたヴィザを発行できず、イスラエルが、彼らがパレスチナ地域に住む事実により、彼らへのヴィザ発給を拒絶する事実のため、ヴィザを更新できない。

西岸に住むインタナショナルズに対するイスラエルの制限はまた、イスラエルが家族再統合証書を与えるのを拒絶しているので、アラブ諸国や外国の伴侶と結婚したパレスチナ人何百家族もの別離を強いている。

原文:International Middle East Media Center


 弾圧がないなら、土地の強奪、水の強奪、そして入植地の拡張がないなら、駐在する外国人の眼を恐れる必要はない。逆に、外国人を追放するとき、それはさらなる暴虐、虐殺の予兆である。
posted by mizya at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。