2012年07月29日

イスラエル占領軍がパレスチナの土地をRoi'i入植地に引き渡す

2012年07月24日火曜日

ヨルダン渓谷を横断する入植地拡張での最近の急増に続き、イスラエル占領軍は、土地を、アルハディディーヤとマクフルのベドゥイン・コミュニティ近くのRoi'i入植地に引き渡した。トゥバス町のパレスチナ人が所有する土地は、1997年に没収され、軍事封鎖地域と宣言された。最近、それは、パレスチナ人たちを苦しめ威圧する力を誇示する激しいイスラエル軍事演習の現場となってきた。

軍が土地の支配を奪って以来15年間、パレスチナ人は、作物を植えたり、いかなる方法であれ土地で作業することを妨げられてきた。オックスファムと欧州連合のどちらも、最近、エリアCに於けるその侵略的入植地拡張で、イスラエルを非難してきており、ヨルダン渓谷全体を植民地化するその企てをイスラエルが継続するとき、これは、占領のいかなる批判にも耳を傾けないとのまださらなる一層の証明である。

原文:Jordan Valley Solidarity
posted by mizya at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。