2012年07月29日

イスラエル裁判所がパレスチナ人ジャーナリストの釈放を求める訴えを拒絶

2012年07月24日

アルハリール、(PIC) -- テルアヴィヴのイスラエル高等裁判所が、アルハリール(ヘブロン)のジャーナリスト、アメル・アブアラファの弁護士による、彼の解放を求める訴えを拒絶した。

弁護士、マフムード・ジャバリンは、裁判所が、月曜日、アブアラファに対する秘密ファイルの存在を除いていかなる理由も与えることなしに訴えを拒絶したと語った。

シハブ通信社の特派員、アブアラファは、アルハリールでのイスラエルによる逮捕キャンペーンで1年前に逮捕された。彼はその後、裁判も告訴もないまま、行政拘留で捕らえられてきた。

原文:The Palestinian Information Center


「秘密ファイル」しかないということは、つまりいかなる証拠もないということに等しい。「行政拘留」は無辜の市民を捕らえるイスラエルの方便でしかないと知っていると、わたしたちは何度でも繰り返し言わなければならない。
posted by mizya at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/283786839
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。