2012年07月31日

国連委員会が拘留のパレスチナの子どもたちの扱いについてイスラエルの慣例に懸念

2012年07月24日火曜日
PNN

被占領地のイスラエルの慣例に関する国連特別委員会は、イスラエル治安部隊により拘留中のパレスチナの子どもたちの扱いについて深刻な懸念を表明し、子どもたちを拘留し、虐待するパターンが「イスラエルによる全般的にパレスチナ人の拘留に関し、より広範囲の長年の懸念に結合する」と警告した。

「目撃者たちは、拘留の瞬間からパレスチナの子どもたちの虐待が始まると、委員会に報せた」と、ニューヨークの国連駐在スリランカ常任代表で、委員会議長、Palitha T.B. Kohona大使は、アンマン、カイロ、ガザ回廊への実情調査視察の終わりに語った。

「多数が、日常的に拘留される。子どもたちの自宅が夜遅くイスラエル兵士らに囲まれ、家の中に音響弾が発砲され、ドアが破壊され、実弾がしばしば撃たれる;保証はない」と、彼は言及した。「子どもたちは、きつく拘束(手枷)され、目隠しされて、軍用車両の後部に無理矢理押し込まれる」。

Kohona大使は、親が拘留者に伴うのを許されず、家族が侮辱され、威圧され、そして時々肉体的に攻撃されると説明した。目撃者たちによれば、拘留と子どもたちの移送は、何時間も持続し得、しばしば、イスラエル人入植地、イスラエル検問所、警察や軍事基地に止まることを含み得る。

「子どもたちは、法的代理権や自ら罪に陥らないための彼らの権利を含め、彼らの権利を知らされない」と、彼は警告した。得られた証言によれば、パレスチナの子どもたちに関する事例の63%で、イスラエル公務員らは、情報提供者になるよう彼らへの圧力を企てる。「委員会の見解は、これが受け入れがたい慣例であり、イスラエルが直ちに終らせなければならないものだ」。

「パレスチナの子どもたちの尋問の報告は、全般的に拘留条件同様、委員会を最高度に懸念させる」と、Kohona大使は強調した。「拘留中のパレスチナの子どもたちは、しばしば家族の訪問を否定され、法的代理人へのアクセスを否定され、大人たちとの房に捕らえられ、教育へのアクセスを否定され、そして - 12歳でさえ - イスラエル軍事法廷で裁かれる」。

「わたしたちは、イスラエルが、子どもたちに刑務所、あるいは、家族から彼らを追放する効力で、彼ら自身の家族以外の家での自宅(ではないが、どこか知人宅)監禁を判決する、その慣例を継続すると聞いて狼狽した」と、彼は語った。委員会は、目撃者たちにより、拘留中の子ども192人がおり、39人は16歳未満と知らされた。

委員会はまた、イスラエルが、パレスチナの子どもたちを独房幽閉に置くことを知って、衝撃を受けた。「得られた証言によれば、イスラエルは、パレスチナの子ども拘留者の12%に対して独房幽閉を使用する」と、Kohona大使は言及した。「これは、イスラエルが、毎年パレスチナの子ども500人から700人ほどを逮捕することを考慮するなら、ことさら煩わせる」。

その予備観察で、国連特別委員会は、東エルサレムを含む西岸での目下の懸念のさらなる領域ふたつに注目を引きつけた:パレスチナ家屋破壊のイスラエルの慣例、そして、パレスチナ人たちに対するイスラエル人入植者らによる暴力。専門家たちはまた、ガザ回廊へのイスラエルによる封鎖の経済的影響を査定した。

「これらイスラエルの慣例は、特別委員会を、覆いかぶさる酷く煩わせるひとつの結論に導く」と、Kohona大使は強調した。「パレスチナ人の大規模投獄;慣例の家屋破壊とパレスチナ人排除;パレスチナ人に対するイスラエル人入植者らによる広範囲の暴力;そして封鎖と生き延びるために結果として生じる違法密輸への依存;これら慣例は、永続する抑圧のシステムを確立し維持するほどに、パレスチナ民衆を彼らの土地から離れるよう強いるか、あるいは厳しく彼らを疎外する戦略に等しい」。

特別委員会は、次の11月の国連総会に、占領によりその生命が冒されるもののための人権状況を改善するための所見と勧告と共に、使節団報告書を提出するだろう。

原文:Palestine News Network
posted by mizya at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/284098266
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。