2012年08月01日

アッティリ:イスラエル人入植者らがパレスチナの水配給を飲み干す

2012年07月29日日曜日

ラマッラ (Ma'an) -- イスラエルが、西岸の平均的なパレスチナ人より各入植者に70倍の水を割り当てると、日曜日、パレスチナ水当局の長は語った。

ラマッラでの記者会見で、シャダッドゥ・アッティリは、パレスチナ人が、1995年のオスロ合意で割り当てられた量より少ない、また、国際基準により必要とされる4億立米の4分の1程の、1億500万立米の水を受けると語った。

イスラエルが、西岸の殆どの水資源を支配し、パレスチナ人にイスラエルから水を買うことを強いて、パレスチナ人に割り当てる水量増加を拒絶すると、アッティリは語った。

水はイスラエルとの交渉の最終的地位問題で、最終会談に問題を延期することが、ガザと西岸に於ける水危機を創出してきたと、官僚は語った。

パレスチナ水当局は、水を購入しなければならず負債で何十億シェケルもになると、アッティリは語った。パレスチナ自治政府は、自身の財政危機のさなか、負債を支援してきていないと、彼は付け加えた。

一方ガザでは、水の95パーセントが人間の消費に適しておらず、また、海水 -- 下水で汚染された -- は、腎臓病の長期的問題を脅かし、過剰抽出の沿岸集水地域に漏れている。2年以内に、ガザに残される飲料水はなくなるだろうと、アッティリは語った。

原文:Ma'an News Agency

アーカイヴ:パレスチナは公正に渇く(2011年05月31日)
posted by mizya at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/284212833
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。