2012年08月10日

弁護士:ハンガーストライカーが刑務所当局に攻撃される

2012年08月02日木曜日

ラマッラ (Ma'an) -- イスラエル刑務所当局が、水曜日、ハンガーストライキの囚人ふたりを攻撃したと、パレスチナ囚人協会の弁護士は語った。

ジャワド・ブーロスは、ハンガーストライカー、サメル・アルバルクとハッサン・サファディ、どちらも厳しく攻撃されたと、水曜日にラムレ刑務所クリニックに訪問した後、語った。

「午前2時、獄吏が攻撃し、立つよう強い、衣服やマットレス、枕を引き裂いたとき、(サファディは)ベッドにいた。彼が抵抗しようと試みたとき、獄吏の1人が彼の顔にげんこを食らわせ、職員が介入するまで彼と戦った(1ヵ月半食べていないひとが戦えるとは思えないけれど - mizya)」と、ブーロスは声明で述べた。

刑務所行政は、アルバルクを別の刑務所に移送した。彼の害した健康により車椅子を使用して、(しかし)刑務所の警備らが、彼に立って歩くよう求め、彼ができなかったとき、彼らは床に彼を放り投げたと、ブーロスは述べた。

彼は健康状態によりクリニックに送られた。

アルバルク、36歳は73日間、ハッサン・サファディ、34歳は43日間ハンガーストライキしてきた。

カルキリヤのアルバルクは、行政拘留が更新されて、ハンガーストライキに入り、ナブルスのサファディは、5月の大規模ハンガーストライキを終了した協定に反して、告訴のない彼の拘留が更新され、ハンガーストライキを再開した。

囚人2,000人ほどが、4月、イスラエル当局が、他の合意の中でも行政拘留命令を更新しないと誓約した1ヵ月後の取り引きに到達するまで、ハンガーストライキした。

原文:Ma'an News Agency


 ハンガーストライキ・カレンダーによると、立ち上がることができなくなるのがハンガーストライキ19日目あたり、その日を、サファディは2倍以上、アルバルクは3倍以上過ごしているのだから、当然立ち上がることはできない。彼らに立つよう強いることは拷問に他ならない。
posted by mizya at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/285834486
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。