2012年08月22日

報告:イスラエルの大臣らが店舗を入植者らに渡すよう命じる

2012年08月16日木曜日

テルアヴィヴ、イスラエル (Ma'an) -- イスラエル政府大臣委員会が、西岸南部の都市、ヘブロンの建物の占有をイスラエル入植者らに移すよう軍に命じたと、イスラエル日刊紙、Haaretzは報じた。

ヘブロン中央の建物は、1994年の(ユダヤ人狂信者による:訳注)イブラヒミ・モスクのムスリム参拝者たちの大虐殺の後、軍令で閉じられるまで、パレスチナ人の店舗だったと、報道は述べた。

イスラエル人入植者らが建物を強奪し、イスラエル集団、ピースナウが、彼らの除去の請願を提出したと、報道は続けた。

入植地業務大臣委員会は、入植者らが立ち退かせられるべきと合意した一方、建物がその地区のイスラエル人入植地の所有に移転されるべきと決定した。

イスラエル司法長官、Yehuda Weinsteinは、建物のパレスチナ人所有権を取り消すことは、違法かもしれないと考え、ピースナウに返答するため、新たな見解を組み立てようとしていると、Haaretzは述べた。

原文:Ma'an News Agency
posted by mizya at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/287867574
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。