2010年09月16日

イスラエル化粧品会社Ahava最高経営責任者が成長するボイコットに混乱

プレスリリース
2010年9月14日
CODEPINK

会社により出された虚偽の主張が「盗まれた美」キャンペーンにより論破される

ワシントン - 9月14日 - Ahava死海製造所 - 成長する国際的ボイコットキャンペーンの中心をなす会社 - 最高経営責任者、Yaacov Ellisの編集主任から、会社の小売り協力者たちに宛てられ、最近、内密に出回っている書簡で、エリスは、彼自身の会社の商習慣のまことしやかな情報、イスラエルのパレスチナ西岸の占領についての両立し得ない主張、ボイコットキャンペーン支援者についての無根拠なあてこすりをを繰り広げる。この書簡は、合衆国で、女たちの平和集団、CODEPINKとその「盗まれた美」Ahava ボイコットキャンペーンが導く圧力の1年後に、そして最高経営責任者による、彼の会社の不法な商習慣に関する求めた質問への返答の完全な拒絶に続いて現れた。

(略)

全文:Common Dreams.org

関連記事:「南アフリカ人権団体がシオニスト同盟によるAhavaボイコット批判に応じる」Mondoweiss
GILAD ISAACS
2010年09月14日

これは、Open Shuhada Street (OSS) から南アフリカシオニスト同盟 (SAZF) に送られた公開書簡である。OSSは最近、Ahava製品に対するボイコットキャンペーンを開始し、AhavaとSAZFの両方から悪質な応答を受けた。これは彼らの返答である。

(公開書簡翻訳省略)

 Ahavaがもがけばもがくほど、その違法性を告発する機会となるから愉しい。


posted by mizya at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | letter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月14日

ボイコット指導:フランス人活動家との連帯

不買・脱資・制裁全国委員会

2010年09月10日

以下のプレスリリースは、2010年9月9日、パレスチナ不買・脱資・制裁全国委員会事務局により発表された:

 パレスチナ不買・脱資・制裁全国委員会 (BNC) は、パレスチナ市民社会の大多数を代理する、構成する組織と組合を代表して、フランス当局により取られた、イスラエル産品ボイコットを呼びかけた良心の人びとを告訴する決定を強く非難する。これら国家により承認された抑圧の形態は、イスラエルの国際法違反の意欲的支援に等しく、フランスとヨーロッパにまたがり、政治的自由への重大な意味を有する。

 9月13日、集団「ボイコット68」のメンバー5人は、イスラエル製品をボイコットするよう買物客に求めるリーフレットを配布して、「差別、憎悪あるいは暴力の煽動」で告発され、裁判所に出廷するだろう ("Halte aux procès politiques contre les défenseurs du droit!" BDS France) 。昨年、Sakina Arnaudは「ボイコット・イスラエル」ステッカーを果汁容器に貼って、1000ユーロの罰金を課された。 Arnaudは、判決の上告で、9月24日に再び出廷するでだろう。2005年にパレスチナ市民社会により呼びかけられたイスラエルに対する不買・脱資・制裁キャンペーン (BDS) は、国際法に従い、パレスチナ人に対するその制度化された差別と暴力を終わらせるよう、イスラエルに圧力をかける非暴力で公正かつ効果的な方法である。多くの進歩的イスラエル人・ユダヤ人を含む世界中の良心の人びとは、イスラエルの占領とアパルトヘイトを被る、抑圧された人びととの連帯の形として、BDSキャンペーンに従事する。BDSは、国際法への明瞭な敬意と、イスラーム恐怖症や反ユダヤ主義を含む人種主義と人種差別すべての形態に絶対的に反対するといった、普遍的人権に基づく。BNCはしたがって、BDS活動家に対する国家により承認された誹謗キャンペーンを深く憂慮する。

(略:各国のフランス大使館に告訴を取り下げるよう要請文を送ることも求められているけれど、長いのでそこまでたどり着かなかった)

全文:uruknet.info
posted by mizya at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | letter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

パレスチナ主導のピケラインの尊重

プレスリリース
イスラエルへの学術・文化ボイコットパレスチナキャンペーン
2010年09月09日

以下の公開書簡は、イスラエルへの学術・文化ボイコットパレスチナキャンペーンにより、2010年9月9日、発表された:

Palestinian Campaign for the Academic and Cultural Boycott of Israel (PACBI/イスラエルへの学術・文化ボイコットパレスチナキャンペーン) は、何十人ものアメリカ・イギリスの劇団・映画・TVアーティストを、彼らの、被占領パレスチナ領域 (OPT/occupied Palestinian territory) に違法に建設されたアリエルと残りのイスラエル植民入植地への、国際法違反故の、広まる文化的ボイコットを支持する最近発表された声明により、こころから称賛する(「歴史を作る:入植地の正常化にノーと言うイスラエルアーティストたちを支持する」)。わたしたちはまた、光にこの声明をもたらす決定的役割を果たした「和平のためのユダヤの声」に感謝を表明する。(略)

全文:The Electronic Intifada
posted by mizya at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | letter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月03日

B'Tselemは、劇(団)場統率者らが応えられるよう、アリエル入植地によりパレスチナ人権に引き起こされた被害を見るための訪問に招待

B'Tselem
2010年08月29日

http://www.btselem.org/english/press_releases/20100829.asp

 B'Tselemは今日、イスラエル劇場のマネジャーたちに、西岸北部を訪問し、アリエル入植地の存続によって課された人権への手ひどい被害を自分の目で確かめるよう呼びかけるため書いた。B'Tselemの書簡は、西岸で初めて、アリエルの新築劇場で、演劇を公演するマネジャーらの決定に続いた。その書簡で、B'Tselemの執行部代表、ジェシカ・モンテルは、西岸にイスラエル占領下で生きる何百万人ものパレスチナ人は、大部分、イスラエル入植地計画の結果として、文化への権利を含む基本的権利を否定されると書いた。

 モンテルは、劇場のマネジャーたちが、指導的劇(団)場アーティストのアリエル公演拒否の結果、イスラエルで火花を散らす社会的討論に携わるため、事実の完全な知識を獲得して欲しいとする彼女の希望を表明した。

(略)

全文:Occupation Magazine

アーカイヴ:学術人・アーティスト150人が俳優の入植地アートセンターボイコットを支持(09月01日)
posted by mizya at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | letter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月07日

パレスチナ議員たちへの脅威

Guardian
2010年07月06日火曜日

 元エルサレム業務大臣、ハーリド・アブ・アラファに加えて、モハメッド・アブ・ティル、アフメド・オスマン、モハメド・トゥタが、イスラエル当局により、被占領東エルサレムの彼らの家を離れるよう、追い立て通知を発行された。6月30日、イスラエルは追放に備え、アブ・ティルを拘留し、一方、オスマン、トゥタ、アブ・アラファは、エルサレムの赤十字国際委員会オフィスを避難所とした。占領勢力、イスラエルは、パレスチナ議会への参加がイスラエルへの非-忠誠を証明するので、これらパレスチナ議会議員たちは、通知を受けていると主張する。議員たちは、パレスチナ議会を辞職する場合にのみ、残る(ことができる)かもしれないと通知された。

 パレスチナ立法議会代表に選出された彼らが、代表に選出された地域から移動されるべきでないことは、疑いない。わたしたちは、英政府に、これらの議員たちが彼らの家に住む権利を支持するよう、そして、「その真意にかかわらず」占領勢力により保護されるべき民族の追放を禁止する第四次ジュネーヴ条約の原則を維持するよう要請する。この条約のいかなる不履行も、戦争犯罪を構成し、そして、そうしたイスラエルの政治的・軍事的指導者層は、責任を負わせられるべきである。

Caroline Lucas MP (Green)
John McHugo Chair, Liberal Democrat Friends of Palestine
Betty Hunter General secretary, Palestine Solidarity Campaign
Ismail Patel Chair, Friends of Al-Aqsa
Richard Burden MP and Martin Linton Labour Friends of Palestine

原文:guardian.co.uk
posted by mizya at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | letter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月26日

大学人・学生500人がイスラエルのノーム・チョムスキィ入域許可拒否に抗議する書簡に署名

2010年05月24日

書簡に曰く:民主主義の下、わたしたちは支配的意見と異なる意見を表明する声を沈黙させない。

Asaf Shtull-Trauring

 大学人・学生・識者500人が、先週、言語学者、ノーム・チョムスキィのイスラエルと西岸への入域を拒否した内務省決定に異議を申し立て、内務大臣、エリ・イシャイに宛てた書簡に署名した。

(中略)

「わたしたちは、その領域入域を要請した市民へのイスラエル政府が待遇した屈辱的方法に抗議する。わたしたちはまた、貴省とイスラエル政府が引き起こした民主主義への危害と不遜に抗議する」と書簡に読めた。

(後略)

全文:Haaretz.com

アーカイヴ:ギデオン・レヴィ:Reichmanによる民主主義(05月21日)

 ギデオン・レヴィの記事がでなかったなら、この書簡が送られたかどうか怪しい。イスラエル政府の民主主義への不遜はノーム・チョムスキィの入域拒否に限られる訳ではないのだから。書簡で言う「その領域(its territory)」とはつまり「被占領パレスチナ」のこと、曖昧なことば選びをする、と、思わないわけにはいかない。
posted by mizya at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | letter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

PACBI:ユニセフはエルサレム会議をやめるべき

プレスリリース
Palestinian Campaign for the Academic and Cultural Boycott of Israel
2010年05月21日

 Palestinian Campaign for the Academic and Cultural Boycott of Israel (PACBI/イスラエルへの学術・文化ボイコット・パレスチナ・キャンペーン)は、パレスチナ人ひとりと何人かの国際的大学人同様、ユニセフが、ヘブライ大学での、Van Leer協会と共にミネルバ・センターにより組織される人権のための会議に参加する意向であることに、衝撃を受け、おおいに懸念する。わたしたちは、この参加を、パレスチナ学術ボイコット呼びかけとガイドラインへの侵害であり、パレスチナの人びと、ことさらパレスチナの子どもたちに対するイスラエルの占領とアパルトヘイトを維持する、このイスラエル学術協会との強固でよく記録された共犯の最も遺憾なごまかしとみなす。

(翻訳の続きは「excite.翻訳」におまかせ、意味が通じないとまではいえない、まあ、概略の掌握はできる。andが「そして」と決まりきって入るのはややうるさい。「占領」を「職業」と翻訳するのが「excite.翻訳」の趣味)

イスラエルのアカデミックで文化的な団体をボイコットする国際的な運動がイスラエルのパレスチナ人の人間の、そして、政治上の権利の極悪の、そして、しつこい侵害に対応して前進しているとき、私たちは、それらの共謀している団体のいくつかによって後援された会議に参加するよう彼らが招待に応じる含意の悪影響を及ぼすためにこの会議に参加する予定であったユニセフと他のものに促します。 アパルトヘイトの間の南アフリカの共謀している大学に対するアカデミックなボイコットにおけるケースのように、私たちは、学会への参加か意志にかかわらず終わりのイスラエルの不法占拠と系統的な人種差別に捧げられなかったイスラエルの同様の出来事がそれを正常にして、その結果、合法化することによってこの不公平の引き延ばしに貢献できるだけであると信じています。 それはうっかり同時にパレスチナ人に対して最も有害なフォームの植民地のコントロールと合法化された人種差別を実践する間に「標準」として「文明的」の科学界と奨学金で関与しているように見えるためのイスラエルの努力に貢献するでしょう。

会議のまとめ役は、「ミーティングの第一の目的が、その領域の子供の苦しみに注意を向けて、闘争の両側で子供と家族に害を防ぐためにアプローチについて議論するために非政府団体(NGO)のイスラエルの、そして、パレスチナの研究者、保安要員、および代表を連れて来る」ことであると主張します。 本質では、この会議は、職業とイスラエルの占有者の下でパレスチナ人の間の誤った対称を確立して、子供の人生が埋め込まれている広大に分岐している文脈を完全に無視します。 会議は、脆弱性の基本的な源とこの「闘争」ゾーンのすべての子供の苦しみを省略して、事実上、隠します: パレスチナ領土のイスラエルの植民地化とパレスチナ人の人々のマルチtieredされた圧迫。 そんなに無差別に政策を工夫して、実行する全く同じ人々は、パレスチナ人民間人を狙います、何百人もの子供を殺して、不具にさせて、ガザの大虐殺でしたようにイスラエルの「保安要員」を招待することによって、この会議は確かで「立派な」声を彼らに与えるだけではありません; しかし、占領された東エルサレムとNaqab(ネゲヴ)のガザのイスラエルの残虐、ヨルダン川西岸地区の加速している植民地化、およびその全体のパレスチナ社会のゆるやかな民族浄化を綺麗事で済ませるのを試みる際に大部分より遠くに行きます。

この会議が考慮に入れない文脈は、植民地の軍事占領、パレスチナの人々に課された人種隔離体制、およびヨルダン川西岸地区の43年の軍事占領の60年間以上を含んでいます、東エルサレム、およびガザ地区を含んでいます。 17年前に始まった「和平プロセス」にもかかわらず、イスラエルはきまりきってパレスチナ人の最も基本的な人権に罰を受けずに違反します。 2000年9月、2010年3月の間では、イスラエルは、1,330人以上のパレスチナ人子供を殺して、現在、投獄で343人のパレスチナ人子供を保ちます(Children国際パレスチナセクションのためにDefenceを見てください)。 イスラエルは、不法であると2004年のハーグの国際司法裁判所によって申告された、占領されたパレスチナ領土のユダヤ人に唯一の居留地と道路のアパルトヘイトインフラストラクチャ、封鎖、およびWallを不法入国者に造り続けています。 イスラエルは、国連決議で規定されているように、彼らの陸に戻る彼らの国際的に認識された権利を何百万人ものパレスチナ難民に対して否定します。 そのうえ、イスラエルはそれ自身のパレスチナ人市民に対するApartheidのCrimeのSuppressionとPunishmentの上の国連Conventionとのアパルトヘイトの定義に主に従っている、アパルトヘイト南アフリカの主要な要素のなごりであることの人種差別のシステムを維持します。

占領されて包囲されたガザ地区の最新のイスラエルの侵略戦争では、パレスチナ人民間人は特にゴールドストーンのレポートで国連の専門家と主な人権機関によって非難されたイスラエルの無差別爆撃で大虐殺されました、戦争犯罪として。 この襲撃は、死ぬ1,440人以上のパレスチナ人、支配的に民間人を残して、別の5380を傷つけました(国連人道問題調整事務所を見てください)。(だれに関する431はその民間人のための子供であったか)。

また、私たちは、この会議の開催地のシンボリズムを考えるようにユニセフと国際的な関係者に頼みます。 ヘブライの大学は国際法の重大な違反に関係します。 明確に、大学のその山のScopusキャンパスと寮が組立している陸の重要な部分の獲得は不法です。 イスラエルのガザとヨルダン川西岸地区の軍事占領(国連安全保障理事会の決議に従って、東エルサレムを含んでいる)の1年以上後と特に1968年9月1日に、イスラエル当局は、パレスチナ領土1の3,345dunumsを押収しました。

ヘブライの大学陸の押収取引の違法性の基礎は、この陸が東エルサレムの一部であるということです。(国際法に従って、東エルサレムは、占領地です)。 イスラエル国との占領された東エルサレムのイスラエルの一方的な併合とイスラエルの国内法のそれへの適用はResolution252(1968年5月21日)に国連で安全保障理事会を含む国際社会で無効であるとして繰り返して糾弾されました。 東エルサレムでのイスラエルのパレスチナ領土の収用とパレスチナ人所有者の無理矢理の追い立てにおける努力は国際人道法(特にFourthジュネーブ協定)に関する諸条件で不法です。

その上、占領されたパレスチナ領土に働いていて、住むために、イスラエル人(スタッフと学生)を動かすことによって、占領地に不法に設立されたすべてのイスラエルの植民地の解決のように、ヘブライの大学はFourthジュネーブ条約の明白な禁止に厳粛にこの点で違反しています。

ヘブライの大学を含むイスラエルのアカデミックな団体が、それがパレスチナ人で加える死と破壊の量にかかわらずいつもイスラエルの軍隊への非常に近いリンクを維持して、開発に貢献して、正統であるとして動作を当然のことと思いました。 アカデミックな共犯に関するAlternativeインフォメーション・センターのレポートとこの点におけるボイコット注:

「イスラエルの大学がこのコンセンサスを採用した、彼らの可能な動作の問題の多い局面を考えず元の位置で元イスラエル治安部隊サービスのメンバーをそれらのランクに受け入れるのによるイスラエルの軍隊動作の合法性、」 ... パレスチナ人の司令官のSecurity Services、拷問には、特に悪名高い組織、および人権抑圧のディレクターと戦争犯罪を犯すので、だれが様々な組織によって起訴されるかとしてのカルミGilonの過去で、ヘブライの大学はExternal Affairsのために副社長のポストに彼を任命しながら、再考しませんでした。 「イスラエル治安部隊サービスにおける、元高官のこれらのアポイントメントはイスラエルの主流の文脈で非常に自然に見えるでしょう」…そこでは、彼らが多くの威信を楽しんでいます。 (U.ケラーと、「パレスチナ人領土の占領における、イスラエルのアカデミックなボイコットとイスラエルのアカデミックな団体の共犯」、職業の経済: 社会経済的な報告、代替のインフォメーション・センター、2009).

イスラエルの圧迫に対する非暴力主義的で有効な形式の抵抗として、Boycott、Divestment、およびSanctions(BDS)のパレスチナ人市民社会キャンペーン(パレスチナ人組合の圧倒的多数によって是認された戦略に基づいています)(NGO、文化団体)は、特にパレスチナ人の民間戦いの歴史に深く根づいて、アパルトヘイトに対する南アフリカの、そして、グローバルな戦いで奮い立たせられます。 そのような会議に参加するとき、あなたは、自由のための私たちの戦いをひそかに害して、パレスチナ人の声を無視します。
結論として、ちょうど世界の大部分が人種差別主義の南アフリカ、または本当にアパルトヘイトを制定して、練習するいかなる他の州も扱ったように、心からイスラエルが国際法を完全に守るまで、国連代理店と国際的なアカデミー会員がうっかりであっても是認する、イスラエルの国際法の違反、および基本的人権に参加しないで、それを扱うものとすることを願っています: のけ者状態。 そして、パレスチナ人は民族性の如何にかかわらずすべてのための平等の原理で、より重要に国際法に基づいている正当な平和と、宗教か他のアイデンティティ問題の望みを持つことができるだけです。

原文:The Electronic Intifada
posted by mizya at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | letter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。