2012年08月08日

IOAがベツレヘムの村の建物2棟を破壊

2012年08月03日

ベツレヘム、(PIC) -- イスラエル占領当局 (IOA) は、木曜日、ベツレヘムのベイト・ジャラ村に、その破壊チームを派遣し、建設中の住宅とレストランの一部を破壊した。

地元情報筋は、100平米の住宅がジョージ・ハリリーアによる所有と語った。

彼らは、IOAチームが、ラムズィ・カイシーヤによる所有の、4月に破壊されたがカイシーヤが再建したレストランの厨房とトイレを破壊したと付け加えた。

カイシーヤは、建物が、1967年のイスラエルの西岸占領前に建設されたのだから、破壊は違法と告発した。

原文:The Palestinian Information Center


 オリンピックの期間中にも拘らず、イスラエルは攻撃に余念がない。古来、戦闘を中断してオリンピックは開催されたものだった。内村航平が床で銀メダルを得た競技をTVで見ていたが、日の丸が数枚下がった客席の隣に、ダヴィデの星がぶら下がっていて「嫌な予感」、イスラエルの選手は確かラトビアからの移民、彼が移民してくるまでイスラエルに体操選手はいなかったとか、アナウンサーか解説が語っていた。欧米からの移民を受け入れるためにイスラエルが、日夜、パレスチナ人の家屋を破壊しては土地を奪っていることも伝えてもらいたい。
posted by mizya at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人権集団がハンガーストライキ囚の生命懸念

ラマッラ、2012年07月31日 (WAFA) - 月曜日に発表された声明によれば、パレスチナとイスラエルの人権組織は、未だイスラエル刑務所でハンガーストライキしているパレスチナ囚3人の生命に対する懸念を表明した。

アッダミール囚人支援・人権協会、アルハク、人権医師団-イスラエル (PHR-IL) は、イスラエルに捕らえられる、取り残されたパレスチナ人ハンガーストライカー、3人の生命と健康を「深く懸念する」と述べた。

行政拘留者、サメル・アルバルクは70日、ハッサン・サファディが40日、アイマン・シャラウナが30日、ハンガーストライキにある。

声明によれば、バルクの健康は急速に悪化し続け、彼は隔離して捕らえられ、塩分とビタミンを摂取するのみである。

(略:アーカイヴ参照)

サファディは先立って、ハンガーストライキを71日間続けたが、彼らの1ヵ月にわたるストライキを終らせた、囚人たちがIPS(イスラエル刑務所業務)との合意に達した5月14日、終了した。

彼の最後の行政拘留命令は、6月29日に満了することになっており、パレスチナ囚大規模ハンガーストライキ終了の合意によれば、彼はその日に解放されると考えられた。しかしながら、彼の行政拘留命令は、合意の明白な違反で、それが満了となる1週間前さらに6ヵ月更新された。

シャラウナは、10月に捕虜交換取り引きの一部として解放されたが、1月31日には再逮捕された。彼に対するいかなる告発もなされてこなかった。

「ハンガーストライキに留まるパレスチナ囚たちの状況のさらなる悪化に照らして、アッダミール、アルハク、PHR-ILは、国際社会に、彼らの代わりに直ちに介入するように促す」と、声明で述べた。

彼らは、イスラエルが、現在の(行政勾留)命令終了時、解放を約束された行政拘留者たちの解放、親族訪問の更新、イスラエルの拘留にあるパレスチナ人に対して使用される懲罰的手段の解除を含む、5月14日合意を尊重するよう強いられなければならないと要求した。

彼らは、40日間以上ストライキしてきたハンガーストライカー同様、リハウィとバルクの民間病院への即刻の移送、同様に、独立の医師たちのすべてのハンガーストライカーへの制限ないアクセスもまた求めた。

声明は、サファディ、バルク、そして他の行政拘留者すべてが、即刻、無条件に解放される(べき)と強調した。

全文:WAFA

アーカイヴ:アクラム・リハウィのハンガーストライキが102日後終了(07月28日)
posted by mizya at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホワイトハウスがロムニーにエルサレムを「イスラエル首都」とした叙述の説明求める

2012年07月31日火曜日

ホワイトハウスは、共和党大統領候補、ミット・ロムニーに、パレスチナ人を憤慨させた、エルサレムに関する彼の問題発言を説明するよう要請した。

ホワイトハウス報道官、ジョシュ・アーネストは、エルサレムを「イスラエル首都」と裏書きしたロムニーの発言が、元共和党大統領ら同様、民主党大統領らにより採用されてきた米国の立場に反すると語った。

アーネスト氏は記者会見で、現政権の立場は、「首都(エルサレム)は、両党派間 - パレスチナとイスラエルの最終地位交渉により解決されるべき問題である」ということであると、記者団に語った。

「ロムニーが、この立場を受理しないなら、それは、ビル・クリントンやロナルド・レーガンといった先立つ米国大統領の立場を受理しないに等しい」。

原文:Middle East Monitor


 わたしは新聞を購読していないが、近所の食堂で「読売新聞」を手にすることがある。「どうしてよりによって『読売新聞』なの? 東京新聞の方が安いのに」などと言いながら、官邸前集会で貰ったチラシ「中央新聞購読ボイコット」を手渡したりする。この「読売新聞」が、ロムニーのイスラエル訪問を仰々しく数日に渡って伝えていた。例えばニッポンの野党の次期総裁候補が、近隣の友好国(思いつかない)を訪問したとして、米国の新聞が、例えばニューヨーク・タイムズあたりが書くだろうか。いったい「読売新聞」の誰が、ロムニーのイスラエル訪問の記事を、掲載に値すると判断するのだろう。いったい誰が「読売新聞」に、ロムニーのイスラエル訪問を書いて欲しいのだろう。反対を押し切って日本に原爆投下したトルーマンから始まった米国大統領選の悪習、「ユダヤ票の取り纏め」が、そろそろ「有効」でなくなってもいい頃と、世界の良心は考えているのに。
posted by mizya at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月01日

アッティリ:イスラエル人入植者らがパレスチナの水配給を飲み干す

2012年07月29日日曜日

ラマッラ (Ma'an) -- イスラエルが、西岸の平均的なパレスチナ人より各入植者に70倍の水を割り当てると、日曜日、パレスチナ水当局の長は語った。

ラマッラでの記者会見で、シャダッドゥ・アッティリは、パレスチナ人が、1995年のオスロ合意で割り当てられた量より少ない、また、国際基準により必要とされる4億立米の4分の1程の、1億500万立米の水を受けると語った。

イスラエルが、西岸の殆どの水資源を支配し、パレスチナ人にイスラエルから水を買うことを強いて、パレスチナ人に割り当てる水量増加を拒絶すると、アッティリは語った。

水はイスラエルとの交渉の最終的地位問題で、最終会談に問題を延期することが、ガザと西岸に於ける水危機を創出してきたと、官僚は語った。

パレスチナ水当局は、水を購入しなければならず負債で何十億シェケルもになると、アッティリは語った。パレスチナ自治政府は、自身の財政危機のさなか、負債を支援してきていないと、彼は付け加えた。

一方ガザでは、水の95パーセントが人間の消費に適しておらず、また、海水 -- 下水で汚染された -- は、腎臓病の長期的問題を脅かし、過剰抽出の沿岸集水地域に漏れている。2年以内に、ガザに残される飲料水はなくなるだろうと、アッティリは語った。

原文:Ma'an News Agency

アーカイヴ:パレスチナは公正に渇く(2011年05月31日)
posted by mizya at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月31日

国連委員会が拘留のパレスチナの子どもたちの扱いについてイスラエルの慣例に懸念

2012年07月24日火曜日
PNN

被占領地のイスラエルの慣例に関する国連特別委員会は、イスラエル治安部隊により拘留中のパレスチナの子どもたちの扱いについて深刻な懸念を表明し、子どもたちを拘留し、虐待するパターンが「イスラエルによる全般的にパレスチナ人の拘留に関し、より広範囲の長年の懸念に結合する」と警告した。

「目撃者たちは、拘留の瞬間からパレスチナの子どもたちの虐待が始まると、委員会に報せた」と、ニューヨークの国連駐在スリランカ常任代表で、委員会議長、Palitha T.B. Kohona大使は、アンマン、カイロ、ガザ回廊への実情調査視察の終わりに語った。

「多数が、日常的に拘留される。子どもたちの自宅が夜遅くイスラエル兵士らに囲まれ、家の中に音響弾が発砲され、ドアが破壊され、実弾がしばしば撃たれる;保証はない」と、彼は言及した。「子どもたちは、きつく拘束(手枷)され、目隠しされて、軍用車両の後部に無理矢理押し込まれる」。

Kohona大使は、親が拘留者に伴うのを許されず、家族が侮辱され、威圧され、そして時々肉体的に攻撃されると説明した。目撃者たちによれば、拘留と子どもたちの移送は、何時間も持続し得、しばしば、イスラエル人入植地、イスラエル検問所、警察や軍事基地に止まることを含み得る。

「子どもたちは、法的代理権や自ら罪に陥らないための彼らの権利を含め、彼らの権利を知らされない」と、彼は警告した。得られた証言によれば、パレスチナの子どもたちに関する事例の63%で、イスラエル公務員らは、情報提供者になるよう彼らへの圧力を企てる。「委員会の見解は、これが受け入れがたい慣例であり、イスラエルが直ちに終らせなければならないものだ」。

「パレスチナの子どもたちの尋問の報告は、全般的に拘留条件同様、委員会を最高度に懸念させる」と、Kohona大使は強調した。「拘留中のパレスチナの子どもたちは、しばしば家族の訪問を否定され、法的代理人へのアクセスを否定され、大人たちとの房に捕らえられ、教育へのアクセスを否定され、そして - 12歳でさえ - イスラエル軍事法廷で裁かれる」。

「わたしたちは、イスラエルが、子どもたちに刑務所、あるいは、家族から彼らを追放する効力で、彼ら自身の家族以外の家での自宅(ではないが、どこか知人宅)監禁を判決する、その慣例を継続すると聞いて狼狽した」と、彼は語った。委員会は、目撃者たちにより、拘留中の子ども192人がおり、39人は16歳未満と知らされた。

委員会はまた、イスラエルが、パレスチナの子どもたちを独房幽閉に置くことを知って、衝撃を受けた。「得られた証言によれば、イスラエルは、パレスチナの子ども拘留者の12%に対して独房幽閉を使用する」と、Kohona大使は言及した。「これは、イスラエルが、毎年パレスチナの子ども500人から700人ほどを逮捕することを考慮するなら、ことさら煩わせる」。

その予備観察で、国連特別委員会は、東エルサレムを含む西岸での目下の懸念のさらなる領域ふたつに注目を引きつけた:パレスチナ家屋破壊のイスラエルの慣例、そして、パレスチナ人たちに対するイスラエル人入植者らによる暴力。専門家たちはまた、ガザ回廊へのイスラエルによる封鎖の経済的影響を査定した。

「これらイスラエルの慣例は、特別委員会を、覆いかぶさる酷く煩わせるひとつの結論に導く」と、Kohona大使は強調した。「パレスチナ人の大規模投獄;慣例の家屋破壊とパレスチナ人排除;パレスチナ人に対するイスラエル人入植者らによる広範囲の暴力;そして封鎖と生き延びるために結果として生じる違法密輸への依存;これら慣例は、永続する抑圧のシステムを確立し維持するほどに、パレスチナ民衆を彼らの土地から離れるよう強いるか、あるいは厳しく彼らを疎外する戦略に等しい」。

特別委員会は、次の11月の国連総会に、占領によりその生命が冒されるもののための人権状況を改善するための所見と勧告と共に、使節団報告書を提出するだろう。

原文:Palestine News Network
posted by mizya at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月30日

パレスチナ選手たちが本当にオリンピック選手に

Samira Shackle
2012年07月26日木曜日

独占写真

palestinian-athletes-are-truly-olympian.jpg

パレスチナ・オリンピック・チームがロンドンに到着した。選手5人の編成で、それは、パレスチナがかつて夏期オリンピックに送った最大のチームだ。

選手団は、マヘル・アブレメレ、柔道選手権保持者;バハ・アルファッラ、400mランナー;ウールード・サワルハ、800mランナー;サビネ・ハズブーン、50m自由形スイマー;アフメド・ジブレルもまた、50m自由型水泳で競技する。

パレスチナは、アトランタの1996年大会以来、オリンピックに参加してきた。それは、開発途上国が標準記録を満たさなければならないことを免除する国際オリンピック委員会からの招待の下、その選手団を派遣する。選手5人のうち4人が、これらルールの下で競技する一方、レメレは、価値で大会の資格を得る最初のパレスチナ人となることで、今年歴史を作った。

選手団が、大部分、標準記録以下であるとすれば、メダルはありそうにないが、彼らは、国際舞台でパレスチナを代表する感激に駆り立てられる。彼らは、スポーツマン、スポーツウーマンとしてオリンピックに参加することを切望する一方、彼らが行くところどこでも、政治が彼らを追いかけることは避け難い。彼らの参加の事実は、パレスチナにとり象徴的に重要だ;彼らの国家が存在し、このグローバル・イヴェントに参加できるとの声明。

アルファッラは、ガザからの唯一の競技者だ。込み合うでこぼこ道沿いを安いランニング・シューズで練習し、彼はくぼみや往来を身をかわして避けなければならない。ガザへの厳しい封鎖は、食糧不足が通常で、そして高価であることを意味し、オリンピック選手に必要なタンパク質の多い食事は手に入れるのが難しい。これら状況を仮定するなら、アルファッラが、彼の自己ベスト、49.04秒と、2008年の金メダリストが達成した43.75秒のギャップを縮めることはありそうにない。設備の欠如は、あるものにとりフラストレーションの源だ;北京オリンピックで500mを競技した、やはりガザ出身のナデル・エルマスリは、適切な競技場で練習することができたなら、タイムを何秒か削り得ると知っていると語った。しかしながら、アルファッラは、国家を代表することを喜ぶ。「それは、選手としてもパレスチナ人としても、すてきな感覚だ」と、彼はGuardianに語った。「ぼくは、パレスチナ人から世界最大の大会にメッセージを運ぶだろう:パレスチナは、困難な状況にも拘らず存在する」。

(略:長い)

全文と画像20点:Middle East Monitor
posted by mizya at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南テルアヴィヴ居住者らがアフリカの亡命者たちに抗議

2012年07月25日水曜日
Mya Guarnieri

南テルアヴィヴの居住者50人ばかりが、昨晩、彼らの界隈のアフリカの亡命者たちの存在に反対して抗議した。

抗議者らは、イスラエルの旗を振り、「わたしはビビ(ネタニアフ)に投票し脅しをかけられた」「我々は今ここで解決を望む」「ビビ、君は(我々の)手に法を奪うなと求めた。君は何をしたか?」と書いた掲示を掲げた。別の掲示は、内務大臣、Eli Yishaiを「最後の審判」に直面するだろう「Tzar」と宣言する、大臣 (sar) のヘブライ語の単語で語呂合わせした。

集団は、ヤーファの警察署に向け行進し、アフリカ難民を追放するよう国家に要求した。

masks.jpg
抗議者らは、アフリカ人が伝染病を保菌するとの彼らの信念をシンボル化するため外科用マスクを着用する (photo: Mya Guarnieri)

抗議者らの何人かは、外科用マスクを着用した。抗議者らは、Yishaiが2009年にした主張、アフリカ人が伝染病を保菌するとそれらがシンボル化するのが目的と説明した。

抗議は、恐らく事態がおさまったとの印象を与え、その種の先立つデモンストレーションより小さかった。しかしそれにも拘らず、この数週間、アフリカの亡命者たちに対する個別の暴力事件があった。多数のアフリカ人負傷者を残した南テルアヴィヴでの5月23日の人種騒動に続く6月前半、スーダン難民が南テルアヴィヴで攻撃された。「出稼ぎ労働者ホットライン」によれば、負傷は深刻で、男は入院しなければならなかった。

2週間にもならない前、エリトレア難民たちの住居になっているエルサレムのアパートに火が付けられた。この攻撃で妊婦を含むふたりが負傷した。

イスラエルは、その大多数がエリトリアとスーダンからイスラエルに逃れたアフリカの亡命者およそ60,000人が住む。国家は、現在南スーダン人たちを追放しており、Yishaiと他の政府関係者らは、アフリカ人を国から排除すると誓ってきた。アフリカ人用の大規模捕虜収容所が、現在イスラエル南部に建設されている。

原文:+972


 パレスチナから奪った土地に移民してきたユダヤ人右翼らが、内戦や政情不安から逃れてきた移民労働者たちを弾圧する、あまりに醜悪で吐き気を覚える。これが少数派ならどの国も抱えていそうな問題だけれど、イスラエルではこれがマジョリティなのだから... イスラエル人こそ精神的伝染病の保菌者集団だ。
posted by mizya at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。