2012年07月06日

アフラル・センターがイスラエル刑務所からアムジャド・カブハ医師を解放するよう訴える

2012年07月03日

ナブルス、(PIC) -- アフラル囚人調査・人権センターは、世界中の医療協会や医師会に、パレスチナ人医師、アムジャド・カブハを、負傷者に医療的助力を施して拘留にあると確言し、イスラエル刑務所から解放させるため、必ずや介入するよう訴えた。

センター長、フーアド・アルハフシュは、カブハ医師が、イスラエルにより「お尋ね者」に分類されたパレスチナ人に医療扶助を施した罪で、18年の刑に服し、10年間投獄されてきたと語った。

ハフシュは、イスラエル刑務所にあるパレスチナ医師たちを弁護し、その家族たちと連絡をとり続けるため、パレスチナ医師会による積極的役割の必要を強調した。

アムジャド・カブハ医師は、2001年に結婚し、イスラエル占領軍が彼を拘束する前、妻と9ヵ月過ごした。妻は、彼が刑務所にある間、一人娘、タンシムを産んだ。

原文:The Palestinian Information Center
posted by mizya at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月05日

6月ガザで占領(勢力)によりパレスチナ人25人が殺された

2012年07月01日

ナブルス、(PIC)-- イスラエル占領軍 (IOF) は、6月、ガザに課された封鎖同様、イスラエルによる、被占領西岸での破壊、没収、パレスチナ民衆と土地に対する攻撃に加えて、パレスチナ人の多くを殺し、他を拘留したパレスチナ領域に、彼らが多くの軍事侵攻と作戦を遂行したガザ回廊民衆に対し、その恣意的攻撃を継続した。

先月、18歳未満の子ども6人を含む、パレスチナ市民25人が、パレスチナ領域で殺された。

西岸で、市民ふたり、どちらもアルハリール(ヘブロンのアラビア名)市、ヤッタ町のナーイム・サラマ・モハメド・ナジャル、32歳と、アンワル・ハリール・アベド・ラッボが、サム町近くのアッセミアで入植者に撃たれて死んだ。

2歳から18歳までの子ども6人を含む、パレスチナ人23人を殺したガザ回廊で、IOFは、先月その攻撃を再開した。イスラエルの暗殺政策はまた、多くの抵抗の男たちを含むパレスチナ人17人を標的とした。

更に、抵抗戦士3人が、6月18日、イスラエル国境警察の兵士ひとりが殺された南パレスチナ抵抗による攻撃で、エジプト-パレスチナ国境で起こった武力衝突で犠牲となった。

Tadamun財団の弁護士で調査官、アフメド・トゥーバシは、ことさら最近の攻撃で、ガザ回廊市民に対して犯された犯罪を、人びとの生活条件に相当に影響する彼らに課された封鎖同様、攻撃と犯罪の拡大に照らし、パレスチナ人民に対する占領(勢力)の人種主義的慣例と非難した。

トゥーバシは、パレスチナ領域での継続的人権侵害に対し警告して、世界の他の人びとのように、安全に、自由に、尊厳の中に生きるパレスチナ人民の権利を主張した。

Tadamun財団は、国際社会に、その責任を引き受け、国際条約・協定で規定される「占領国家」としてのその法的・倫理的責任を負わせることを通して、これらの暴力を終らせるべく、占領(勢力)に圧力するよう要請した。

原文:The Palestinian Information Center


 もう言い飽きたことだけれど、国際社会は責任があると思い起こそう。パレスチナの土地をユダヤ人に分けてやろうなどと、パレスチナ人ならぬ国連が決議しなければ、このような問題は起こり得なかったのだから... ヨーロッパ文明の鬼っ子、ナチの罪滅ぼしを、アジアに押し付けて...
posted by mizya at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月04日

空・陸・海砲撃下のガザ

2012年07月02日

ガザ、(PIC) -- イスラエル占領軍 (IOF) が、過去24時間で、ガザ回廊の様々な地域に、空・海・陸攻撃に着手したと、地元情報筋は語った。

彼らは、PIC記者に、月曜日夜明け、ガザ市郊外、ザイトゥーン近くで、結局、死傷者を残さなかった野原へのIOFの空襲と判明した、大きな爆発音2発が聞こえたと語った。

月曜日朝、イスラエル砲艦は、ガザ回廊南部、ハーンユーニス沿岸を離れたパレスチナ漁船に発砲したが、死傷者は報告されなかった。

日曜日夜、IOF部隊が、ブレイジ難民キャンプに近いガザ回廊中部に潜入しようとしたが、パレスチナ抵抗戦士たちに対峙された。

イスラエルのラジオは、ガザ中部で作業中、IOFブルドーザが抵抗闘士たちの発砲で損傷を負ったと語った。

IOF軍は、難民キャンプ東の農地を砲撃して報復した。

原文:The Palestinian Information Center
posted by mizya at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月03日

殴打と虐待

虐待の疑い:兵士らが、13歳の少年を拘束し、他の村に、手錠したまま夜に遺棄する

2012年06月26日

B'Tselemにより得られた証言は、2012年4月、兵士らがムハマド・アッジル、13歳を、ベツレヘム県の彼が住む村、ハルマラで、3回逮捕したと示す。証言によれば、兵士らは、彼の最初の拘留中と、若者の拘留に関する法に違反して、両親の立ち会いもなく弁護士との協議も許されない彼の尋問中、少年を殴った。続くその後の拘留どちらもで、兵士らは、夜、手枷したまま、彼の家から遠く離れた彼の知らない場所に彼を残した。

20120626_muhammad_a_zir_0.jpg

事件の詳細:

ムハマド・アッジル、13歳、8年生は、Tekoah入植地に続く道路近くの村、ハルマラの外れにある家に住む。石が、道路を走る車輌に投げられた最近の事件に続き、兵士らは、村の近くの区画の家々を捜索した。2012年4月10日火曜日、午後4:00ごろ、兵士らは、アッジルの家のドアをノックした。ムハマドの母、マリアム・アッジルは、彼らを中に入れた。家を捜索した後、彼らは、彼女に、石を投げたので息子を逮捕していると告げた。母親は抗議し、肺水腫を被るムハマドは投石に加わらないと主張したが、兵士らは、ともかくもムハマドを連れて行った。

マリアム・アッジルは、息子と兵士らに続き、家を離れた。彼女は、彼らが外に出た後、兵士らが少年を殴ったと証言した:「わたしは、通りに止まる軍用ジープ4台を見た。兵士らは、ムハマドをつかみ、顔を下に地面に投げた。兵士3人が、彼の上に坐った。ひとりは彼の頭に、もうひとりは背中に、3人目が足に坐った。他の2、3の兵士らは、彼の身体の至る所を蹴り始めた。わたしは叫び、兵士らに語った:『わたしの息子は病気です、どうか、彼を打たないで』。わたしの真ん前で、兵士のひとりが彼の胸を打つのを、わたしは見た。わたしは、ムハマドに近づこうとし、兵士のひとりがわたしを押し返した」。

マリアム、ムハマド、そして事件を目撃した隣人の証言によれば、30分ほど後、兵士らは、ムハマドをジープに押し込んだ。彼らは、彼の手と足を拘束し、彼に目隠しし、近くのHerodian軍事基地に連れて行った。ムハマドは、兵士らが、基地で彼をジープから降ろしたとき、彼らは再び彼を殴ったと証言した。そして、朝までずっとひとり残された房に置かれたと、彼は語る。

午前のどこかで、ムハマドは、投石容疑で尋問された、キリヤトアルバ警察署に連れて行かれた。尋問が終って、ムハマドは、逮捕以来初めて医師により診察された、Gush Etzion旅団基地に連れて行かれた。ムハマドが、痛みと息切れを訴えた後、医師は、少年をエルサレムのハダッサ病院に連れて行くよう命じた。ムハマドは、兵士らに監視されながら、診察され治療されて、その同じ夜、Gush Etzion基地に連れ帰られた。

夜の間、Gush Etzion警察は、B'Tselemに証言したムハマドの父、ターレブ・アッジルに電話した:

「ムハマドの逮捕後のその日の夜、わたしは電話を受け、彼らは、Etzion警察署から電話しているとわたしに告げた。彼らは、息子のムハマドが彼らとおり、彼を取り戻すために1,000シェケル(2万円ほど)持って来なければならないと語った。わたしが、そのようなお金を持っていないと告げると、彼らは電話を切った。3時間後、彼らはまた電話してきて告げた:「800シェケル持って息子を受け取りに来い」。わたしはまた、そのようなお金を持っていないと告げ、彼らはまた電話を切った。30分後、彼らはまた電話してきて400シェケル持って来いと告げた。わたしは支払いに同意せず、次に彼らは、支払いなしで、Etzionから息子を引き取りに来るよう告げた。Etzionに到着して、わたしは、ムハマドが基地の門の傍の庭でわたしを待っているのを見いだした。彼は消耗しつくして見えた」。

彼の逮捕から1週間ほど後、ムハマド・アッジルは、2度目、逮捕された。ムハマドと彼の両親は、2度目の逮捕の正確な日付を覚えていない。ムハマドは、いつかの午後、彼が学校から帰宅し、軍用ジープ2台が通りをやって来て、家の側に止まったので、家の近くに立っていたと証言した。ムハマドの証言によれば、兵士らは、ジープの1台から出てきて、ムハマドを捕まえ、ジープに彼を押し込んだ。今回もまた、兵士らは、ムハマドに手錠をかけ、目隠しし、彼を近くのHerodian軍事基地に連れて行った。ムハマドは、数時間捕らえられた基地の房に入れられた。夜に、兵士らは、ムハマドを房から引き出し、彼に尋問することもなく、再びジープに押し込んだ。兵士らは、ムハマドを、彼の家から1キロほどのトゥク入口の交差点近くの地域に連れ去った。ムハマドは証言した:

「ぼくは、目隠しされていたし暗かったから、ジープがどこを走ったのか知らない。30分ほどして、ジープは止まった。兵士らは、ぼくの目隠しは解いたけれど、手は結ばれたままにした。彼らは、ジープからぼくを引き出し、走り去った。それはトゥクあたりの交差点だったと思う。とても暗かったから、その場所について、完全に確かでない。暗がりにひとりだったから、ぼくは本当に怖かった。ぼくの手は結ばれており、どこにいるのか判らなかった」。

ムハマドが、彼の知らないこの場所で、ジープから引き出されたころ、誰かが、Gush Etzion警察署から、ムハマドの母親に、息子がトゥク交差点に残され彼を連れに行くべきと知らせるため、電話した。その夜、仕事場に夜中留まっていたムハマドの父親は、タクシー運転手と連絡をとり、彼の息子を連れに行くよう依頼した。タクシー運転手は、トゥク交差点近くの道に沿って歩いているムハマドを見つけ、彼を家に連れて行った。

2012年4月30日月曜日の夜、ムハマド・アッジルは、その月3度目、逮捕された。兵士らは、彼の家から彼を奪い、ジープに押し込んだ。ムハマドは、彼が特定できないどこか軍事基地に連れて行かれた。兵士らは、目隠しされ手錠された彼を、数時間、屋外の庭に座らせた。その後、彼に質問することなく、兵士らは、再びムハマドをジープに押し込んだ。今回、兵士らは、手錠されたムハマドを、真夜中、トゥク村に残した。どこにいるのか、どのように家に帰ったものか判らなかったムハマドは、ある家のドアをノックし、住人を起こした。その家族の父親、ムハマド・アッサエルは、少年を中に入れた。アッサエルは、B'Tselemへの証言で、起こったことを説明した:

「誰かがドアをノックするのを聞いて、わたしは起きた。時計を見ると、午前2:30だった。わたしは驚き、それほど遅くにドアにいる誰も思いつかなかった。わたしは、それが誰か見に行き、ドアを開けて、13歳か14歳の少年を見た。彼の手は手枷されていた。わたしは、彼が誰か、何が望みか尋ねた。わたしは、彼がトゥクにいると説明した。彼は、兵士らが、ハルマラの自宅で彼を逮捕し、軍事基地の庭で数時間を座ってやり過ごし、兵士らが軍用車輌に彼を押し込み、手枷したまま彼をこの村に残したと告げた。

わたしは少年を中に入れ、彼に食物と水を与えた。わたしは、ストーブの上で包丁を暖め、彼の手首のプラスチック手枷を切るのに使った。わたしは、彼に名前を尋ね、両親の電話番号を尋ねて、ムハマドの家に電話し、彼の父親に、彼がわたしといること、起こったことを説明した。1時間ほど後、父親がムハマドを迎えにきた」。

2012年6月13日、B'Tselemは、憲兵隊調査部隊 (MPIU) と連絡をとり、これら事件の調査を開始することを要求した。これまでのところ、B'Tselemは、MPIUからいかなる返答も受け取っていない。

原文:B'Tselem


 ありそうもないことだけれど、この子どもがユダヤ人で、ありそうもないことだけれど、子どもを拉致したのがハマースだったならば、世界のメディアはこぞって、この子どもへの虐待を書き連ねたことだろう。最初、NYTが、それを真似てニッポンのメディアも。しかしどうして、この虐待がイスラエルの手で行われたとなると書かないのだろう。同じことをハマースがやったなら書く価値があって、イスラエルがやったなら書く価値がないとすると、その基準は何か? まあ、イスラエルはこのようなことを、あるいはもっと残虐なことを、日々繰り返しているのだから珍しくもないけれど、このようなことをすることのないハマースがやったなら珍しい、と、いうことだろうか... イスラエルによる、とてもよく似たナビ・サレでのもうひとつの物語をアーカイヴで:

アーカイヴ:アナン・タミミ(04月08日)
posted by mizya at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月02日

ユネスコが生誕教会を遺産遺跡としてリストする - 2題

ユネスコが生誕教会を遺産遺跡としてリストする
2012年06月29日
サンクトペテルブルグ (AFP)

国連文化機関、ユネスコは、金曜日、イエスの生誕地として参拝されるパレスチナ都市ベツレヘムの教会に、世界遺産地位を至急認め、イスラエルの反対を受けつけなかった。

生誕教会とその巡礼ルートを、信望あるリストに加えるユネスコの13-6の無記名投票は、ロシア第二の都市、サンクトペテルブルグの会議で、一連の興奮の喝采と、喜びに満ちたパレスチナ代表団長との祝いの握手で受け取められた。
「これら遺跡は、イスラエルの認可とパレスチナ・アイデンティティを窒息させるために取られる措置のすべてのため、イスラエルの占領を通し、分離壁の建設を通し、完全な壊滅を脅かされている」と、投票後、パレスチナ代表は語った。
イスラエル代表は、中東和平プロセスのための意味を含まずに進める完全に異なる手順の下、ユダヤ人国家が、古い教会に、世界遺産地位を与えることを支援したと語った。「今取られた決定は、全く政治的で、(国連)協定とそのイメージへの我々の見解を大きく損なう」と、代表は語った。

2011年10月、パレスチナが論議のユネスコ加盟を果たした当初以来、緊急の修復作業が必要とされるとパレスチナが語るので、「緊急原則において」推薦は提出された。
彼らの会員資格は、機関に、イスラエルの最も当てになる同盟国、合衆国の遺失の資金提供、何千万ドルかを失わせた。

「緊急原則」地位は、国際機関としての国連が、教会はユダヤ人国家の軍隊により脅かされるとのパレスチナの見解を支持したと本質的に意味すると、イスラエルは語った。
それ(イスラエル)は、厳しい中東和平プロセスでの持続的手詰まりの最中、その展望が起こりそうもないと見える考え -- 将来のある日、教会の出願の共同発起者になると提言してきた。
カソリック、ギリシャ正教会、アルメニア教会は彼らとして、動きが、聖地への彼ら自身の権利を潜在的に困らせる危険故に、その考えに気乗りしない承認のみを与えてきた。

パレスチナの努力は、合衆国とイスラエルからの継続的反対、ユネスコのため遺跡を評価する機関からの否定的報告、伝えられるところでは、国内の不一致を含む、容易ならざるハードルに直面してきた。

原文:AFP

イスラエル・米国がパレスチナ遺産遺跡の票決非難
2012年06月29日金曜日

ベツレヘム (Ma'an) -- イスラエルと合衆国は、世界遺産リストに加えることにより、ベツレヘムの聖地を承認した後、金曜日、国連文化機関を非難した。

「これは、ユネスコが、文化的考察でなく政治的考察に動機を与える証明だ」と、イスラエル首相、ベンヤミン・ネタニアフのオフィスは、決定に続く声明で述べた。

「和平を促進する歩みを取る代わりに、パレスチナは、平和をさらに遠のかせる、一方的な行動をしている」と、Reutersは、声明が述べたと伝えた。

アラブ・メディアへのネタニアフ報道官、Ofir Gendelmanは、世界が、2002年に「キリスト教に神聖な生誕教会が、パレスチナ人テロリストにより汚されたことを思い出さなければならない」と語った。

(略)

全文:Ma'an News Agency


 2008年から2009年にかけてのイスラエルによるガザ攻撃に衝撃を受け、このboycottilは着手されたから、2002年のイスラエルによる生誕教会攻撃の記事は、アーカイヴにない。このとき、国際連帯運動 (ISM) に加わって、ベツレヘムにいた清末愛砂さんの現地報告が、生誕教会を汚したテロリストが、他ならぬイスラエル軍と説明するだろう。イスラエル軍による生誕教会攻撃に、世界は沈黙したが、イスラエルは、世界がもはや忘れているだろうと期待すべきでない。生誕教会ばかりでない、2004年10月、わたしが滞在したベツレヘム旧市街の修道院の寮には、イスラエル軍により撃ち込まれた多くの弾丸と破壊の痕が展示されていた。もちろん、イスラエルの占領が続く限り、世界遺産のリストに入ったからといって、生誕教会の安泰が保証されるわけではない。世界遺産のエルサレム旧市街が、イスラエルからの攻撃を免れていないように...
posted by mizya at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月01日

シンベトは拘留者への圧力のため家族を利用するか?

権利集団は、公安機関が、自白を引き出すため容疑者の近親者を傷つけると脅すと語る

Elior Levy
2012年06月26日

拷問被害者の権利を代弁する集団は、火曜日、シンベトが、拘留者に自白するよう圧力をかけるため、容疑者の家族メンバーを利用し続けていると主張した。

イスラエルでの拷問に反対する大衆委員会 (PCATI) は、イスラエル公安機関が、 - しばしば、容疑者により犯されたと申し立てられる犯罪に関係ない - 拘留者を調査に協力するようそそのかすために、逮捕し、拘留者の近親者を逮捕し、あるいは傷つけると脅すと主張する報告を発表した。

集団によれば、2009年から2011年にシンベトにより尋問された元容疑者7人が、彼らが逮捕された家族メンバーと共に房に入れられ、そして後に、彼らの協調が近親者の破滅を終結し得ると信じるように誘導されたと主張する、公安機関に対する告訴を提出した。

更に、拘留者21人が、調査官らは、彼らに割り当てられた犯罪の自白を拒絶するなら、彼らの家族を傷つけると脅したと報告した。

全体として、明示された期間、告訴54件が、シンベト尋問官らに対して提出された。

「彼らは息子の死を語った」
4年前、集団により発表された拷問に関する最後の報告は、シンベト職員らが、今後、そのようなテクニックの採用を避けると約束した、クネセト(イスラエル国会)で議論された。

2007年、弁護士Raz Nizriは、司法長官、Yehuda Weinsteinに代わって、一般的規定として、シンベトが容疑者に、その家族のメンバーが拘束されたと偽って知らせることはできないと書いた。PCATIは、規定の曖昧な語法が、捜査官らにある状況下その戦略を使用するのを可能にすると、最新の報告で主張した。

その報告は、原告のひとり、西岸の町、カバティヤの住民が、彼の尋問官が、母親と16歳の弟を逮捕すると脅したと語ったと告げる。後者(弟)は、本当に20日間拘留され、原告が、彼に対してもたらされた罪を自白した直後に解放された。

報告によれば、少年はもっぱら、彼の兄への圧力目的で逮捕された。

もうひとりの拘留者は、彼の尋問官らが、真夜中、彼が逮捕されたときその脇で眠っていた2歳の息子に起こったことを彼に知らせるのを拒絶したことを嘆き哀しむ。

「兵士らは、わたしの部屋に入り、わたしの頭部と背中を殴り始めた」と彼は語った。「わたしは、隣で眠る息子を心配した。兵士は、わたしの息子が死んだと語った」。

彼の尋問で、彼は、捜査官に、歩き始めた子どもについて尋ねた。「尋問を終了して、我々は見ようじゃないか」と彼は告げられた。結局30日経って、赤十字が、息子は無事と彼に知らせた。

シンベトは拷問を否定する
(略:拷問の証拠は多い - アーカイヴ記事参照、ことさらアーカイヴ記事の原文参照 - ので、偽りを翻訳するのは時間の無駄、原文で)

全文:Ynet news.com

アーカイヴ:ギラード・シャーリトに起こらなかったこと(2011年10月22日)
posted by mizya at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

IPSがパレスチナ囚の頭の中の弾丸の治療拒絶

2012年06月27日

ジェニン、(PIC) -- パレスチナ囚人、シャディ・ムーサは、激痛を被っており、彼の頭蓋から弾丸を摘出する頭部手術を必要としていると、ジェニンの南、マルカ村の家族は語った。

家族は、ムーサ、35歳が、10年前、彼の逮捕に際し、イスラエル占領軍により撃たれたと語った。

彼らは、25年の刑に服すムーサが、非常に重態と語り、イスラエル刑務所業務 (IPS) が、手術を許可するのを拒絶し、彼に鎮静剤を与えるに過ぎないと付け加えた。

家族は、人権集団に、心臓にも問題を被り、心臓手術を2つ受けたムーサの適切な治療を許可するよう、IPSに圧力を加えるよう要請した。

家族は、彼の重態にも拘らず、彼の治療を拒絶することで、イスラエル当局が彼の生命への完全な責任を担うと考えた。

原文:The Palestinian Information Center
posted by mizya at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする