2012年08月08日

ガザのパラリンピック選手:優劣の差すべてに抗って

Photo Blog by Ruqaya Izzidien

ガザのパレスチナ人たちは、彼らの希望をふたりのパラリンピック・ヒーロー、ハミス・ザクート、47歳と、ムハマド・ファヌーナ、32歳に懸ける。

ファヌーナが幅跳び、槍投げ、200m走で競技する一方、ザクートは円盤投げ、槍投げ、砲丸投げで競技する。ふたりは、切望されるメダルを持ち帰る希望を抱いて、ロンドンでの - 障害のある競技者のための - 今年のパラリンピック大会に向かう。

しかしファヌーナは、この熱望が少し非現実的かもしれないと考える。「わたしたちは支援を得ない。わたしは200mスプリンタなのに、トラックがなく、コンクリートに囲まれた手製の砂場で幅跳びを練習する」。

ファヌーナは、7ヵ月前、アジア大会の幅跳びで一位を勝ち取り、2004年のアテネ・パラリンピックで銅メダルを得た。ロンドン大会の選手すべてのように金を目指しているけれど、「適切な装備、トレーニングやトラックの取得をわたしたちに妨げる、わたしたちがその下にある封鎖を計算に入れるなら」銅でさえ業績となるだろうと彼は語った。

イスラエル政府は、ハミス・ザクートが、英国領事館により開催されたエルサレムでの100日オリンピック・カウントダウン・イヴェントに旅するのを禁じた。「わたしたちの成功は、わたしたちが直面する制限や妨害にも拘らず、優劣の差すべてに抗い、決意で何ごとも達成し得ると証明する。それはまた、障害が人生と可動性の終わりでないというばかりでなく、卓越への通路となり得ると示す」と、ザクートは語った。

原文と画像10点:alakhbar
posted by mizya at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | image | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月15日

ガザ:イブラヒームの車輪

Photo Blog by Shuaib Abu Jahal

毎朝午前8時、ガザ生まれの26歳、イブラヒーム・アブトゥルヤは、日々の糧を得るため通りに向かう。車洗いとしての彼の仕事は、彼の家族11人を支える。イブラヒームは、12歳以来、イスラエルの攻撃により4回負傷し、最も深刻だったのが、彼を生涯車椅子に閉じ込める2008年の彼の両脚を奪った砲弾だった。

ガザ回廊での厳しい生活環境で、また家族の生活費が、社会問題省が負傷させられた彼に配分する300ドルを超過した後、イブラヒームは、彼の家族に食物を供給するため働くことを余儀なくされた。

イブラヒームは、掃除する車を探してガザの通りを動き回る。彼は、ぼろとバケツで巧みに手仕事し、車のすべての部分に達するために最善を尽くす。このすべてが、1.5ドルのため、車の所有者が気前よくあろうと決するなら、3ドルのためだ。

原文と写真12点:alakhbar


 いつ(このブログを終了する)100MBに到達してもおかしくない状況だから、この記事のように画像でストーリを伝える記事は、99MBになってから避けてきた。でも、是非原文にアクセスして、イブラヒームの生活を覗いて欲しい。イスラエルが彼に何をしたのかを...
posted by mizya at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | image | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月03日

パレスチナ視覚化:ナンバープレートの色が運転できる道路を規定する

Adam Horowitz
2012年05月29日

visualizingpalestine.org

segregated-roads-2012-05-28.png

Image: Ahmad Barclay and Polypod, May 2012 for Visualizing Palestine

原文:Mondoweiss
posted by mizya at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | image | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月28日

ラマッラでハンガーストライキの囚人支持をデモンストレーション

EDITOR
2012年04月25日
フォトストーリ
Photos by Rafael Guendelman Hales

4月23日月曜日、ハンガーストライキのパレスチナ囚人何百人もを支持するデモンストレーションが、ラマッラ市、マナラ広場で開催された。大規模ハンガーストライキは、4月17日、囚人の日に始まり、日々、ますます多くの囚人たちがストライキに加わる。囚人たちの主要な要求は、行政拘留、独房監禁を停止することと、定期的家族の訪問の権利である。

抗議者たちは、イスラエルの鉄格子の向こうの兄弟姉妹への連帯を繰り返し、何人かは、大規模ハンガーストライキ運動とは別に、殆ど2ヵ月間、食物を拒絶してきた囚人のポスターを掲げた。パレスチナ旗が、いつもの党派の旗に代わって振られ、パレスチナ指導層とアラブ支配者一般に向けられたとき、スローガンはさらに怒りを増した。

(略)

全文と画像7点:The Palestine Monitor
posted by mizya at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | image | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月02日

ダマスカス門の抗議者たちがイスラエル軍により攻撃

2012年03月30日金曜日

palestinian-land-day.jpg
抗議者たちが武装イスラエル部隊何千人もに攻撃され、その何人かは馬に乗っていた。

独占写真

パレスチナ人何千人もが、今日早く、パレスチナ「土地の日」を思い起こす集会に参加するため、エルサレムの(旧市街)ダマスカス門に集まった。

抗議者たちは、その何人かが馬に乗った、何千人もの武装イスラエル軍により攻撃された。催涙ガスが、非武装群衆の中に発砲された一方、多くが逮捕され連れ去られた。

旧市街の主要門はまた、人びとがアルアクサー・モスクに到達するのを妨げるため、軍検問所により封鎖された。

原文と写真12点:Middle East Monitor
posted by mizya at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | image | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月25日

地方自治体が旧市街のライオン門の隣のバーブ・アルアスバト墓地内にごみ処理場創出

2012年02月22日水曜日

シルワン、エルサレム (SILWANIC) --

廃棄物の大分量が、エルサレム市当局により、市のムスリム住民、何千人もを狼狽させ傷つける動きで、旧市街のライオン門隣りのイスラーム墓地(バーブ・アルアスバト)内に山と積まれている。神聖なアルアクサーモスク近くにあるライオン門は今、積もるごみの圧倒的悪臭であふれている。

ある住民は、エルサレム市当局が「その実施において、恥も外聞もなく差別的だ。彼らは、神聖な場所を廃物捨て場に使用するのみでなく、ここ、聖なる場所、バーブ・アルアスバト墓地の中で、ごみを燃やしさえする。なぜユネスコは、地方自治体を止めようとしないのか?」と述べた。

旧市街の滞在キリスト教聖職者は、地方自治体の行為を不法で、エルサレムで人種主義を助長するものと看做すと、Silwanicに語った。

IMG_0432-450x300.jpg

原文と画像5点:Wadi Hilweh Information Center - Silwan
posted by mizya at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | image | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月23日

ハデル・アドナーンのハンガーストライキのグラフィック・イラストレーション

Asa Winstanley
2012年02月22日水曜日

khader-visual.png

「ハンガーストライキ」。高解像度版はここをクリック。(Visualizing Palestine)

(本文省略)

全文:The Electronic Intifada
posted by mizya at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | image | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。