2009年11月18日

インタヴュー:「わたしの映画はあなたをガザの現実の一部とする」

Adri Nieuwhof、The Electronic Intifada
2009年11月15日

091115-arce-film.jpg
ガザへのイスラエル襲撃で殺されたパレスチナ救命士、アラファ・アブデル・ダイムの遺体が現れる『象を撃って』の一場面

 Alberto ArceとMohammed Rjuailah監督の『象を撃って』は、昨冬のイスラエル襲撃でのガザ回廊からの目撃者証言を提供するドキュメンタリーである。イスラエル軍が、外国人ジャーナリストの回廊入りを禁じた攻撃の間、Arceは、なんとかガザに留まり、いかに医療チームや病院が、義務を果たすイスラエル軍により標的にされたか撮影した。スペインの日刊紙、El Mundo発行の、戦闘を報告した彼のガザの記事で、Anna Lindhジャーナリスト賞を受賞した翌日、2009年11月7日に、Arceは、フィレンツェのDei Popoli 映画祭で、最優秀監督賞を受賞した。The Electronic Intifadaの寄稿家、Adri Nieuwhofが、Arceに会い、彼の映画の隠れた動機についてインタヴューした。
(インタヴュー翻訳省略)

インタヴュー:The Electronic Intifada


posted by mizya at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | interview | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

ゴールドストーンはガザ報告で米国に敢然と立ち向かう

2009年10月22日木曜日、Al Jazeera English

 ガザに対する戦争で、戦争犯罪と人道に対する罪でイスラエルを告発する国連報告を書いた判事、リチャード・ゴールドストーンは、彼の調査結果には欠陥があり偏っているとする主張に、米国が正当性を示すよう要求してきた。

 ゴールドストーンは、木曜日、米国大統領、バラク・オバマの政権から、報告についてワシントンが主張する欠陥を特定する何も聞いていないとアルジャジーラに語った。
「わたしはまだ、オバマ政権から、報告で、彼らが特定したとする何が欠陥なのか聞いていない。それが何か判れば、わたしは応じたい」と、ゴールドストーンは語った。
(後略)

全文:Al Jazeera English

アーカイヴ:イスラエルは米国の拒否権を当てにする(10月23日)

 今頃、オバマ政権は500頁を超えるゴールドストーン報告を読みながら、まだ「欠陥」を見つけていないか、読んでもどうせ「欠陥」などみつかろう筈もないのだから、安保理では強弁して「拒否権」だけ使おうぜ、なんて言っているかもしれない。
posted by mizya at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | interview | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月20日

ガザ:死の収容所?

2009年10月17日土曜日、ガザ、Pal Telegraph

 Thabet El Masriは、ガザ回廊の公共機関、シーファ病院の集中治療室ディレクターだ。彼がここで、奇形で生まれる新生児の最近の増加について、Silvia Cattoriの質問に答える。
(後略:インタヴューは原文で)

全文:The Palestine Telegraph

アーカイヴ:ガザで腎臓透析液尽きる(10月04日)
posted by mizya at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | interview | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月18日

「彼がパレスチナ人だったから彼らは殺した」

Jody McIntyre
2009年10月14日

091014-mcintyre-turkman.jpg
フアドの家族、母親と父親が死んだ息子の写真を抱える。 (Hamde Abu Rahme)

 2009年9月30日午前11時、17歳のフアド・マフムード・ナイイフ・トルクマンは、彼がイスラエル軍用ジープに轢かれた時、ヤバド村の彼の学校の外に立っていた。 ヤバドは、被占領西岸、ジェニンの近くに位置する。イスラエル軍報道官は後に、「何百人」ものパレスチナ人がその地域で「暴動を起こした」と、そしてジープが「機械的故障」を経験したと主張した。しかし、その場に居た目撃者は、学生たちはその類いの何ごともしていなかったと語る。Jody McIntyreが、The Electronic Intifadaのため、フアドの父親、マフムード・トルクマンと、彼の12歳の兄弟ファディに訊いた:
(後略:インタヴューは原文で)

全文:The Electronic Intifada

「暴動鎮圧」は、殺戮を正当化するイスラエルの常套手段。「ジープが『機械的故障』を経験した」という日本語は奇妙、英語でだって充分奇妙と思う。このような奇妙な言い回し、責任を回避する言い回しが、イスラエルの暴虐を暴くかもしれない。
 遺された家族の画像を見ると、ノエル・ジャブールがすぐ思い浮かぶ。パレスチナの写真家は女流が素晴らしい。『Vacant Seats』、『不在の席』とでも訳せばいいか。遺された家族の「空虚」を写し撮る彼女のシリーズのうちの2枚をここで観ることができる。
posted by mizya at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | interview | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月18日

国連調査団:ガザ攻撃の戦争犯罪

2009年09月16日、Democracy NOW!

国連調査は、ガザ攻撃の間犯された戦争犯罪で、イスラエルがパレスチナ民間人を「処罰し威嚇した」と認める

 国連調査団は、今年初めのガザに対する3週間の攻撃で、イスラエルが民間人を「処罰し威嚇した」と認め、イスラエル軍がジュネーブ条約の「由々しき侵害」を犯した有力な証拠に言及した。1,400人以上のパレスチナ人-そのほぼ1/3が女と子ども-が攻撃で殺された。わたしたちは、作家でイスラエル-パレスチナ学者のノーマン・フィンケルシュタインから分析を得る。

 この番組の中で、フィンケルシュタインはニューヨーク・タイムスのヘッドライン「ゴールドストーン報告書は両方の戦争犯罪を認める」を嗤う。報告書の9/10がイスラエルの戦争犯罪、ハマースの犯罪というのはロケット弾をイスラエルの民間人に向けて撃ったというもので1/10、分量が違うと。

番組映像とインタヴュー・テクスト:Democracy NOW!

関連記事:「ハマースとイスラエルの行為の手厳しい報告で国連が告発の圧力」guardian.co.uk(2009年09月15日火曜日)

     「国際法で脅かされるイスラエル」guardian.co.uk(2009年09月15日火曜日)
 イスラエルの司令官は休暇で予約する時慎重なほうがいい-ゴールドストーン報告は海外での彼らの起訴を示唆する

アーカイヴ:国連使節:ガザの戦争証言生放送(06月28日)
posted by mizya at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | interview | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Democracy NOW!:トロント宣言でナオミ・クラインにインタヴュー

2009年09月14日、Democracy NOW!

占領に祝賀はない:1,500人の芸術家と作家が、テルアヴィヴにスポットを当てるトロント映画祭の決定に異議を申し立てる書簡に署名

 トロント国際映画祭への抗議行動は、芸術家と作家のグループが、テルアヴィヴにスポットを当てる映画祭の決定に対する抗議文に署名して、舞台中央に躍り出た。活動家は、TIFF(トロント国際映画祭)のスポットライトが、ガザに対する攻撃の後、また進行するパレスチナ領土の占領で、世界的イメージを好転させたいイスラエルの計略にハマったと語る。『トロント宣言:占領に祝賀はない』と呼ばれる書簡に、ジェーン・フォンダ、ヴィゴ・モーテンセン、ダニー・グローバー、ハリー・ベラフォンテを含む1,500人以上が署名した。わたしたちは、書簡作成を手伝った、ジャーナリストで作家のナオミ・クラインと話す。

番組映像とインタヴューのテクスト:Democracy NOW!
posted by mizya at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | interview | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月04日

Free Gaza:拉致された乗組員へのインタヴュー

2009年07月04日、日本時間:13:51
(抄訳省略)
Interview from a kidnapped passenger, Adie Mormech
Prison Cell, Givon Jail, Ramle, Israel


Adie Mormech, one of over 21 human rights workers and crew taken prisoner on Tuesday 30th June when their boat was forcibly boarded by the Israeli navy, has spoken by mobile phone from his prison cell at Givon jail, Ramle, near Tel Aviv.
Amongst the other prisoners from the Free Gaza Movement boat, Spirit of Humanity, are Nobel Peace prize winner, Mairead Maguire, and former US Congresswoman, Cythnia McKinney. A message from McKinney on 2nd July condemned Israel for its “illegal” action in “dismantl[ing] our navigation equipment” and confiscating both the ship and its cargo of medical aid, childrens' toys and olive trees.

McKinney went on to say that “State Department and White House officials have not effected our release or taken a strong public stance to condemn the illegal actions of the Israeli Navy of enforcing a blockade of humanitarian assistance to the Palestinians of Gaza, a blockade that has been condemned by President Obama.”

The Free Gaza campaign succeeded in entering Gaza by sea on several occasions in 2008, carrying humanitarian aid, medical personnel, journalists and human rights workers. However, later attempts have been met with aggression by the Israeli navy, with one boat, the Dignity, having to seek refuge and repairs in Lebanon after being rammed three times by an Israeli warship.

In a brief interview with Andy Bowman of Manchester's Mule newspaper (http//www.themule.info), Mr Mormech gave the following account:

How are you being treated?

It's bad, but the conditions are OK for me, I've not been beaten up, they're a bit nasty sometimes and when they boarded the boat we had our faces slammed against the floor. It was bad for the older women like Mairead.

The four other UK nationals are in the cell with me. There's 14 of us in the 7 by 7 meter cell which includes the toilet and shower, so very crowded. It's very hot and there's only a tiny window. We get awakened at 6 in the morning for an inspection and have to stand to attention, and then they repeat that at 9 am, and we are only allowed out of the cells for a few hours each day. They keep giving us forms to sign but they are in Hebrew so we don't. Although I'm able to cope here, other people are less comfortable than me in the situation. If we're here for a long time - like some of the other people in here have been - then it will be tough.

Have you had access to a lawyer yet?

We have, and at the moment we're discussing what to do about our deportation. They've taken our personal items - laptops, cameras, phones and many other valuables, and we want to find out where these are. They obviously want to deport us as quickly as possible, but some of us are thinking about fighting the deportation. Firstly on the basis that if we get deported we won't be allowed into the occupied West Bank or Israel for another 10 years, but also, because we didn't intend to come here to Israel - we intended to go to Gaza, and went directly from international waters into Palestinian waters. There is nothing legal about what Israel has done to us grabbing us like this. We're considering fighting the deportation on the grounds that we shouldn't accept and legitimize this barbaric military blockade of Gaza.

If you challenge the deportation could you remain in prison for a while longer?

Yes we could - there's some people that need to get home, but some will challenge. And for those it will be a few more weeks in prison at least, we expect.

And you?

I'm veering towards challenging it on the basis that it's a scar on my name to accept that I shouldn't have been here, but in fact I have every right to go to Gaza just as everyone else does. That's the whole point of these voyages and that's the principle we want to stick to.

Have they told you what has happened to the cargo of the boat?

No, we don't know what they're doing with it. We've been told a lot of lies so far about where we're going and what's happening to us, so we just don't know. They're already prepared to deprive the people of Gaza of a lot of aid anyway.

What is your message to people back in the UK?

This is not about us here in the cells, it's about the denial of human rights to the people of Palestine, and in particular the inhumane blockade of Gaza. People must not forget about what is happening to Gaza. At the moment they are even being denied food and medical supplies. After the carnage of the 1500 people killed in January, we won't forget and we'll keep on going and keep fighting for the human rights of the people of Palestine.

--
Greta Berlin
Free Gaza Movement
357 99 284 102
www.freegaza.org
www.flickr.com/photos/29205195@N02/
posted by mizya at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | interview | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。