2012年06月20日

Yediot Booksの出版者へのアリス・ウォーカーからの書簡

この書簡は著者の許可で公表される。

2012年06月09日
親愛なるYediot Books出版者殿、

わたしの小説『カラーパープル』の出版を望んでくださり大変感謝します。以下の理由で、この時期、これを許可することは、わたしにとり可能でありません:ご存知のように、昨秋、南アフリカで、パレスチナに関するラッセル法廷が開かれ、イスラエルが、アパルトヘイトと、イスラエル内部の、また被占領領域両方のパレスチナ民衆への迫害で有罪と裁決されました。イスラエル人・パレスチナ人の両方から、わたしたちが聞いた証言は(わたしは裁判官でした)、破壊的でした。わたしは、アメリカのアパルトヘイト下で成長し、これ(イスラエル・アパルトヘイト)は、さらにはるかに悪いものでした。本当に、デズモンド・ツツを含め、参加した多くの南アフリカ人が、これら犯罪のイスラエル版が、長期間、南アフリカを支配した白人至上主義政権下で彼らが被ったものよりさえ酷いと感じました。

わたしが加わる、非暴力BDS(不買・脱資・制裁)運動が、状況を変えるため、イスラエル市民社会に十分な影響を及ぼすだろうことが、わたしの希望です。

(略:映画『カラーパープル』の南アフリカでの上映を待ったことなど)

あなたの国の人びとに、ことさら若い人たちに、そして、わたしが共に働く喜びを抱く、公正と平和のための勇敢なイスラエル人活動家たち(ユダヤ人とパレスチナ人)に、わたしの本が読まれるとどれほど知りたいかが、言うことです。わたしは、いつの日か、恐らくすぐにも、これが起こるだろうことを希望します。しかし、今はそのときでありません。

わたしたちは、問題に取り組み、そして待つことを継続しなければなりません。

小さな行為から公正な未来が作り上げられると信じて、
アリス・ウォーカー

全文:Palestinian Campaign for the Academic & Cultural Boycott of Israel
posted by mizya at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | letter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラエルのオウンゴール

2012年06月19日

裁判もなく告発もなく捕らえられたパレスチナ人サッカー選手の解放に到達する決定まで、3ヵ月のハンガーストライキを要した。

意思決定者らが、最後の瞬間に正気づき、サッカー選手、パレスチナ・ナショナルチーム・メンバー、マフムード・サルサクの解放を - イスラエル刑務所での彼の差し迫る死を回避して、定めると合意したことはよい。終生、彼の健康に刻印を残すだろう、ハンガーストライキ3ヵ月を要したことは気の毒だ。彼の解放に合意したのが今だったとの事実は、そもそもサルサクの拘留に繋がり、そして今突然、蒸発して消え失せた秘密で知ることのできない「安全上の理由」に容易ならぬ疑いを投げかける。

この拘留の責任者らは、明らかに、イスラエルのオウンゴールで得点を与えた。年長パレスチナ人サッカー選手は拘束され、裁判もなく、告発もなく、いかなる違法行為の示された証拠もないまま、何年も、イスラエル刑務所に捕らえられた。イスラエル国は、わずか数年前、イスラエルに親善訪問し、ネタニアでのトーナメントに参加し、そして今、イスラエル政策の厳しい批評家となった、エリック・ カントナといった著名なサッカー選手たちによる鋭い抗議に身を曝した。国際サッカー連盟は、その生命が危機にあったパレスチナ人サッカー選手を救うため、意見を表明し、その影響力を行使するのを余儀なくされたと感じた。黒人に対する弾圧と差別の政策が明らかとなったとき、スポーツに直接の実体的影響があった、アパルトヘイト南アフリカへの世界的スポーツ・ボイコットが始まったことを思い出す価値がある。より一般に、必然的にイスラエルを国際的孤立とのけ者民族身分に導く弾圧、既に45年続く占領が、パレスチナ人に対し日々の弾圧行為を課すと思い出す価値がある。

原文:Gush Shalom


 マフムード・サルサクの場合は、パレスチナ・ナショナルチームのサッカー選手だったから、報道のインパクトもあったけれど、サッカー選手でないハンガーストライカーが何人もいること、イスラエルによる得体の知れない(裁判も告発もなく、「安全上の秘密」と称して拘留の理由さえも示されない、つまり無辜の市民から自由を奪う政策としての)「行政拘留」が、日々、連発されている状況に変わりはない。マフムード・サルサクが解放されるとしても、3年前に抱いていた、サッカー選手として世界で羽ばたく夢は、二度と戻らない。人生を返せ!
posted by mizya at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

弁護士:サルサクが解放取引でハンガーストライキ停止

2012年06月18日月曜日

ベツレヘム (Ma'an) -- イスラエル刑務所でハンガーストライキ92日目にあったマフムード・サルサクは、7月10日に釈放されるとの取引で、月曜日、食べ始めることに合意したと、彼の弁護士は語った。

モハマド・ジャバリンは、月曜日、彼の囚人訪問中、サルサクが合意に署名したと語った。イスラエル刑務所当局は、合意裁可の(証しとして)ため、彼らの面前で、サルサクが何か食べるよう求め、それ後、彼は弁護士からチョコレートのかけらを受け取ったと、ジャバリンは語った。

イスラエル刑務所報道官は、コメントしていない。

取引下、サルサクは、火曜日、治療のため民間病院を訪れるが、同日、解放の7月10日まで、ラムレ刑務所クリニックに戻るだろうと、弁護士は付け加えた。

「人権医師団-イスラエル」は、(刑務所)クリニックが、長期的ハンガーストライカーを治療するため、あるいは食事摂取に戻った場合の健康危機を管理するための装備がなされておらず、ハンガーストライカーたちを民間施設に移すよう求めてきたと語る。

(略:これまでの経緯、サルサクに関するアーカイヴ参照)

全文:Ma'an News Agency
posted by mizya at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月19日

エジプトがカタールの燃料をイスラエル・ターミナルに許可

2012年06月14日木曜日

アリーシ、エジプト (Ma'an) -- エジプト政府当局は、木曜日、ガザへのカタールの燃料を、アルオジャ検問所経由で許可し続けた。

検問所のパレスチナ代表、オマル・ハドゥフドゥは、エジプト当局が、トラック8台分の燃料 -- およそ400,000リットル -- を、イスラエル側を横切ることで許したと語った。

先立って、エジプト政府関係者は、積み荷を遅らせたイスラエルを非難した一方、パレスチナは、カイロに遅れの責任があると語った。

ガザ唯一の発電所は、水曜日、カタールの積み荷が遅れ、燃料を使い果たしたので、止まった。

先週、イスラエル当局は、燃料搬入を許す例外として、アルオジャ検問所を開いた。

原文:Ma'an News Agency


 ムバラク政権が倒れて喜んだのもつかの間、結局、ムバラクの基盤だった軍事政権を倒さなければ何も変わらない。世界(イスラエルと米国を除く)が望むのは、ガザとエジプトの国境、ラファ・ターミナルを経由して物資がガザに搬入されること、イスラエルによるガザ封鎖が無意味となることだ。
posted by mizya at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月18日

国連:イスラエル軍は封鎖下のガザで2,300人殺した

2012年06月15日金曜日

178963_345x230.jpg
イスラエル空爆で負傷したと病院職員が語るパレスチナの赤児が、ガザ中部、デイル・アルバラの病院のレントゲン台に置かれる、6月3日 (Reuters/Ali Hassan)

ベツレヘム (Ma'an) -- イスラエル軍は、過去5年間に渡り、ガザのパレスチナ人ほぼ2,300人を殺し、7,700人を負傷させたと、木曜日、国連人道業務調整事務所 (UNOCHA) は語った。

ガザの死者の27パーセントほどが、女性と子どもと、国連機関は、イスラエルによる封鎖の影響を強調する報告書で述べた。

ガザの陸・海・空の封鎖は、木曜日、その6年目に入った。

封鎖下で、輸出品は、2006年水準の3パーセント以下に下がった。

「ガザから西岸やイスラエルの元からの市場への商品輸送の継続的禁止が、農地や漁場へのアクセスに対する厳しい制限に加え、持続的成長を妨げ、失業、食糧不安、援助依存の高い水準を持続させる」とUNOCHAは述べた。

イスラエルによる海上封鎖は、漁師35,000人の生計を蝕み、ガザの土地の境界に沿ったイスラエルの制限(いわゆる「緩衝地帯」としてイスラエルにより破壊された農地)により、農夫たちは毎年、農産物およそ75,000トンを失ってきた。

一方で、イスラエルの輸入規制は、密輸貿易の成長に繋がった。少なくともパレスチナ人172人が、エジプトとのガザの国境下のトンネルで作業していて死んだと、報告書は述べた。

半分以上の若者が仕事がなく、人びとの44パーセントが食糧不安にあるガザで、危険にも拘らず、若者はまだ、トンネル作業に引き寄せられる。

(略:イスラエル首相、ネタニアフの報道官の言葉、内実が伴わない上、聞き飽きているので)

全文:Ma'an News Agency
posted by mizya at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

拘留されたパレスチナの子ども20人がハシャロン刑務所でハンガーストライキ開始

2012年06月13日

ガザ、(PIC) -- ハシャロン刑務所に拘留されるパレスチナの子ども20人が、6月12日火曜日、厳しい刑務所の状況と彼らの要求への刑務所行政の怠慢に抗議して、無期限ハンガーストライキを開始した。

ストライカーのひとり、17歳の子ども、アフメド・ラフィは、ガザの囚人省に、拘留の子どもたち20人が、彼らが互いに訪ねあうことを許されず、彼らの学業を奪われる刑務所の粗悪で悪化する生活環境に抗議して、無期限ハンガーストライキを開始したと語った。

彼はまた、「刑務所行政が、ストライキ指導層委員会と刑務所行政の間で署名された合意の後でさえ、子ども囚たちに拷問と自尊心を傷つけ続けている」と明らかにした。

アフメド・ラフィはまた、刑務所で目撃する粗悪な状況の中、その権利を要求しようとする囚人すべてを、刑務所行政が独房監禁で捕らえると強調した。

彼は、イスラエル諜報機関が、国際条約と子どもの権利すべてに違反して、子どもたちから自白を引出そうと、最も極端な拷問手段を使用すると指摘した。

非常に厳しい条件の占領刑務所に、18歳未満のパレスチナの子どもたち190人がいる。これら未成年者たちは、成人囚人と同じ手法で扱われる;不十分な食物、諜報職員による房の探索襲撃、挑発、医療の無視、教育の否認。

原文:The Palestinian Information Center


 食べ盛りの子どもたちが命をかけてハンガーストライキしなければその権利をないがしろにする「イスラエル」。
posted by mizya at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月17日

アラブ議員の息子が軍務拒絶で3度目の投獄

2012年06月14日木曜日
Saed Bannoura - IMEMC & Agencies

イスラエル軍事法廷は、イスラエル軍での軍務拒絶でもう2週間、クネセト(イスラエル国会)のアラブ人議員、サアイド・ナッフアの息子、アムロ・ナッフア、18歳の投獄を命じた;決定は、ナッフアが、義務兵役に行くことを拒絶して2週間の投獄に続き、釈放された数日後になされた。

naffa_amro.jpg
アムロ・ナッフア - Arabs48

ナッフアは、軍が、義務兵役に彼を送る前、実行するつもりだった健康診断を拒絶した;彼は、占領し、パレスチナ民衆を弾圧する軍の一部であることを拒絶すると語った。

ナッフアは、被占領ガリラヤのベイトジャン出身で;彼の兄4人は、以前、イスラエル軍の兵籍登録を拒絶して、拘束され投獄された。

アラブ・ドゥルーズ追跡委員会は、「占領軍の一部であることより投獄を選んだナッフアの人道と愛国のスタンス」と讃えるプレスリリースを出した。

もうひとつの国家を占領し、その土地を盗み、その人びとを弾圧する軍で務めることを拒絶する彼らの権利に言及して、義務兵役を拒絶して投獄されてきた、アラブ、ドゥルーズ、ユダヤ系イスラエル人、何百人もがいる。

原文:International Meddle East Media Center
posted by mizya at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする