2012年08月11日

国連特使がイスラエルによる外務大臣たちの(入域)禁止を「遺憾に思う」

2012年08月05日日曜日

ベツレヘム (Ma'an) -- 国連中東特使は、日曜日、イスラエルに、外務大臣と大使4人がラマッラでの会議に出席することを妨げた決定を再考するよう促した。

「わたしは、パレスチナに関する非同盟運動委員会の臨時会議に出席する、バングラデシュ、キューバ、インドネシア、マレーシアの外務大臣たちの西岸へのアクセスを妨げる、イスラエル政府による決定を遺憾に思う」と、ロバート・セリーは声明で述べた。

「パレスチナ自治政府の、エリア Aに於いて国際社会メンバーと連動する能力を否認することは、パレスチナの自治権を確約したオスロ協定の信用性に逆らうもうひとつの手段となる」と、セリーは述べた。

その諸国がテルアヴィヴとの外交関係を持たないので、イスラエルが使節たちのエントリーを否定したと、イスラエル外務省報道官、Yigal PalmorはReutersに語った。

「わたしは、その決定を再考するようイスラエル政府に要求する」と、セリーは語った。

(略)

全文:Ma'an News Agency


 この記事が興味深いのは、イスラエル報道官の発言「テルアヴィヴとの外交関係を持たない」。ワシントンが米国政府を意味するように、この「テルアヴィヴ」は、イスラエル政府に等しい。エルサレムをイスラエルの首都と国際社会が認めず、各国大使館をテルアヴィヴに置くので、報道官が「テルアヴィヴ」を使ったのか、あるいはReutersによる表現なのか、いずれにしても、興味は尽きない。

アーカイヴ:BBCのオリンピック・ウェブページがイスラエルの首都を省く(07月27日)
posted by mizya at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月10日

ミット・ロムニー、パレスチナ文化と白人至上主義:読む価値ある応答

アリ・アブニマ
2012年08月02日木曜日

米国共和党大統領指名候補、ミット・ロムニーは、イスラエル人とパレスチナ人の収入における大きな (20:1) 不均衡は、パレスチナ経済へのイスラエル占領の組織的劣化によるよりむしろ - 勝ったユダヤ・イスラエル文化と「神の手」で説明され得るとするエルサレムでの彼の主張で、反発を招いた。

パレスチナ文化の劣等を示唆するロムニーのコメントは、2012年の米国大統領選挙の有力者らにより着手される、パレスチナ人を標的とする人種差別攻撃の最新に過ぎず - そして、強硬路線の親-イスラエル有権者や寄付者らを喜ばそうと目論む。

3つの応答が際立つ。最初は - 奇跡的に - washingtonpost.comに出たサム・バフールの記事だ。バフールは、歴史的展望でのロムニーのパレスチナ文化中傷を述べる:

所与のパレスチナは、世界で最古の都市の祖国、物理学、化学、医学、数学、天文学といった、多くの「現代」科学の発展に向け著しい貢献と共に、人間性を提供した文明の揺籃だったアラブ文化の重要部分で、ひとは、ロムニーがこれらのどれにも価値を見出さないか - あるいは、それらを全く知らないと、当然考えていい。(略)

イスラエルと国際的両方の拘束からパレスチナ経済解放を進展しようと試みてきた、経験豊かな実業家として、バフールは、書くとき、経験から話す:

何年間も、新パレスチナ経済の出現を、イスラエルが禁じてきたばかりでなく - それは、そのような生産経済の芽さえ日の目を見ないよう、構造的に組織的に、確実にしてきた。(略)


「白人至上」文化

Black Agenda Reportに書いて、グレン・フォードは、「パレスチナで2つの文化が衝突し、1つが他方より20倍生産的と分かった」とのロムニーの論争を嗤う。

立場を逆にして、ロムニーの空論から溢れ出る白人至上の「文化」が、有色民族の征服を正当化するために、合衆国とアフリカでいかに利用されてきたかフォードは指摘する:

(略:先を急いで)


事実を理解する

ロムニーの無知なコメントの機会を捉え、中東理解研究所 (IMEU) は、優れたファクトシート『パレスチナ文化:イスラエル襲撃下の64年』を纏めた。

それはイスラエルによる、パレスチナの町、都市、村々の破壊、天然資源・経済資源の窃盗と破壊、教育へのアクセスの否定、農業の破壊、パレスチナ経済開発の包囲と封鎖の記録の優れた、十分に立証された要約である。

わたしたちが、パレスチナに関する、故意の歪曲と中傷に応答する場合の、わたしたちすべてにとり有用な資産。

全文:The Electronic Intifada

アーカイヴ:ホワイトハウスがロムニーにエルサレムを「イスラエル首都」とした叙述の説明求める(08月08日)
posted by mizya at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

弁護士:ハンガーストライカーが刑務所当局に攻撃される

2012年08月02日木曜日

ラマッラ (Ma'an) -- イスラエル刑務所当局が、水曜日、ハンガーストライキの囚人ふたりを攻撃したと、パレスチナ囚人協会の弁護士は語った。

ジャワド・ブーロスは、ハンガーストライカー、サメル・アルバルクとハッサン・サファディ、どちらも厳しく攻撃されたと、水曜日にラムレ刑務所クリニックに訪問した後、語った。

「午前2時、獄吏が攻撃し、立つよう強い、衣服やマットレス、枕を引き裂いたとき、(サファディは)ベッドにいた。彼が抵抗しようと試みたとき、獄吏の1人が彼の顔にげんこを食らわせ、職員が介入するまで彼と戦った(1ヵ月半食べていないひとが戦えるとは思えないけれど - mizya)」と、ブーロスは声明で述べた。

刑務所行政は、アルバルクを別の刑務所に移送した。彼の害した健康により車椅子を使用して、(しかし)刑務所の警備らが、彼に立って歩くよう求め、彼ができなかったとき、彼らは床に彼を放り投げたと、ブーロスは述べた。

彼は健康状態によりクリニックに送られた。

アルバルク、36歳は73日間、ハッサン・サファディ、34歳は43日間ハンガーストライキしてきた。

カルキリヤのアルバルクは、行政拘留が更新されて、ハンガーストライキに入り、ナブルスのサファディは、5月の大規模ハンガーストライキを終了した協定に反して、告訴のない彼の拘留が更新され、ハンガーストライキを再開した。

囚人2,000人ほどが、4月、イスラエル当局が、他の合意の中でも行政拘留命令を更新しないと誓約した1ヵ月後の取り引きに到達するまで、ハンガーストライキした。

原文:Ma'an News Agency


 ハンガーストライキ・カレンダーによると、立ち上がることができなくなるのがハンガーストライキ19日目あたり、その日を、サファディは2倍以上、アルバルクは3倍以上過ごしているのだから、当然立ち上がることはできない。彼らに立つよう強いることは拷問に他ならない。
posted by mizya at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月09日

アブルーイスとネメル逮捕への懸念

2012年08月03日金曜日
プレスリリース:UFree

UFreeネットワーク:アブルーイスとネメルの逮捕を懸念し、わたしたちは、彼らを救助するよう国際オリンピック委員会に求める

710e0544e2d65b2f6f9e.jpeg

UFreeネットワークは、2012年2月以来現在まで、イスラエル占領軍による、パレスチナ・ナショナル・オリンピックチームのゴールキーパー、オマル・ハーレド・アブルーイスと、西岸、アルアマリ・ユースクラブのサッカー選手、モハメド・サディ・ネメルの持続的逮捕に、深い懸念と心配を表明した。

UFreeネットワークは、いかなる告訴もないパレスチナ選手たちの拘束は、人道・国際協定に対する甚だしい違反を表わすと語った。

UFreeネットワークは、国際サッカー連盟 (FIFA) 、国際プロサッカー選手会 (FIFP) 、そして地方、大陸、国際競技団体の、スポーツに関係する組織すべてに、パレスチナ選手たちを解放する緊急アクションと、イスラエル占領が彼らの苦痛を終わらせるようもっと圧力をかけることを訴えた。

UFree議長、モハメド・ハムダーンは、UFreeが、7月に開始された2012年ロンドン・オリンピック大会期間中、パレスチナ選手ふたりのための連帯キャンペーンを開始するだろうと述べた。

これは、イスラエルがパレスチナ選手たちを拘束する最初でないと言及する価値がある。彼らは、パレスチナ人スポーツマン、癌のためラムレ刑務所から釈放された後死んだ、ザカリヤ・イッサを、そして最近96日間のハンガーストライキの後解放された、パレスチナ・サッカー選手、マフムード・サルサクを逮捕した。

UFreeネットワーク | メディア・センター
media@ufree-p.net
www.UFree-p.net
UFreeネットワークは、独立のヨーロッパ全体の人権ネットワーク;パレスチナの政治囚と拘留者たちの権利防衛のため設立。

原文:Scoop

関連記事:ハムダーンUFreeネットワークのウェブサイトがハックされた

2012年08月06日月曜日
プレスリリース:UFree

ハムダーンUFreeネットワークのウェブサイトが、イスラエルのハッカー・チームによりハックされた

UFreeネットワーク | メディアセンター
リンク:http://ufreenetwork.eu/Details.aspx?Type_ID=3&Rotator_ID=232

UFreeネットワーク議長、モハメド・ハムダーンは、UFreeウェブサイトが、イスラエルのハッカー・チームによりハックされ、ウェブサイトを完全に活動不能にされたと語った。

ハムダーンは、わたしたちのウェブサイトがハックされたのは初めでないと語った。もうひとつの破壊の試みがあったが、UFree技術チームが問題すべてを克服した。

ハムダーンは、パレスチナ民衆とことさら囚人たちに対する占領の残忍で非人道的悪習を明らかにすることで、わたしたちが成し遂げた偉大な成功に、イスラエル占領が怒ったと、言及した。彼は、「国際・ヨーロッパ領域すべてでの、キャンペーン、セミナー、会議を通して、パレスチナ囚の苦境を国際化するわたしたちの持続的努力が、イスラエルのハッカー・チームにわたしたちのウェブサイトをハックさせ、そして、そのような非難される行為が、UFreeネットワークをその使命遂行から遠ざけることはないだろう」と付け加えた。

UFreeがウェブサイトをハックされたことに関して、ハムダーンは、可能な限り早くそれを復活するため、技術チームがウェブサイトを修復していると語り、以下のリンクに、英語の一時的ウェブサイトを開設し得たと付け加えた:www.ufreenetwork.eu。

最新版と情報について、わたしたちのソーシャル・ネットワーキング・サイト:
Facebook: https://www.facebook.com/ufreenetwork
Twitter: http://twitter.com/ufreenetwork
YouTube: http://www.youtube.com/ufreenetworkofficial

原文:Scoop


 以下は、アーカイヴ記事「コービー・ブライアントが投獄のパレスチナ・サッカー選手だったらどうか?」からの抜粋、オリンピックのような大舞台で、パレスチナ旗が揚がることはないだろうけれど、客席でパレスチナ旗が振られることさえ阻止したいイスラエルの屈折が見て取れる。イスラエルは、選手を投獄するばかりでない、暗殺もしていると、アーカイヴ記事が教えてくれる。

2009年、ナショナルチーム選手3人、アイマン・アルクルド、シャディ・スバーヘ、ワジェ・モシュタへが、ガザへの爆撃で殺された。パレスチナ・サッカー協会の事務所同様、国立競技場もまた、ガザ爆撃で標的とされ破壊された。加えて、2012年、そのゴールキーパー、オマル・アブルワイイスが、イスラエル警察により「テロリズム罪」で逮捕された。ナショナル・チームを貶めるなら、常にナショナル(国民・国家)があるとの考えを貶めることができる。

アーカイヴ:コービー・ブライアントが投獄のパレスチナ・サッカー選手だったらどうか?(05月15日)
posted by mizya at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | statement | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

報告:7月IOFがパレスチナ人4人を殺し、子どもたち42人を拘束

2012年08月02日

ガザ、(PIC) -- イスラエル占領軍 (IOF) が、7月、パレスチナ人4人を殺し、子ども42人を含む290人を拘束したと、パレスチナ囚人調査センター (PCPS) とTadamun人権財団は、その月報で述べた。

PCPS 報告は、IOF兵士らが、パレスチナの村々、都市、難民キャンプへの167件の襲撃に着手し、IOFが、子ども42人、国会(パレスチナ自治政府)議員ひとり、解放された囚人ひとりを含む290人を超えるパレスチナ人を逮捕したと明らかにした。

IOFは、子どもたちや病人を含み、市民95人が駆り立てられた、とりわけアルハリール(ヘブロン)で逮捕キャンペーンを拡大してきた。報告によれば、被占領エルサレムのアルアクサー・モスクで、イマーム(導師)を含む礼拝者15人以上もまた逮捕された。

情報センター幹部、リアド・アスカルは、7月にIOFが、ラマッラの14人を含む18歳未満の子ども42人と、そのひとりは17歳の女3人を逮捕したと確認した。

彼は、ガザ回廊北部、ベイト・ハヌーン検問所(エレツ検問所)で、占領軍が、治療に向かう途中の病気のパレスチナ人ふたりを逮捕したと語った。

アスカルは、イスラエル占領が、先月、ことさらラマダーンの神聖月に、IOFが侵入したナフハとアシュケロンの刑務所で、長時間囚人たちを捜査し、パレスチナ囚に対するその抑圧的措置を拡大したと断言した。

Nahshon部隊は、オフェル(軍事)裁判所でパレスチナ行政拘留者たちを攻撃した。ところが、刑務所襲撃に特化されたイスラエル特殊部隊が、Megiddo刑務所に侵入し囚人を攻撃したと報道官は語った。

子ども囚たちもまた、彼らが灼熱の太陽の下、3時間拘束されたHasharon刑務所で、残忍な抑圧に曝されてきた。

センター所長は、先月、IPS(イスラエル刑務所業務)の故意の医療怠慢により、囚人たちの健康状態の深刻な悪化を目撃してきたと語った。

一方、Tadamun財団は、先月、IOFがパレスチナ人4人を殺し、彼らの3人がガザ、ひとりがラマッラと語った。

センターの調査官、アフメド・トゥバシは、無辜の子どもたちや女たちの逮捕と殺害を含む、国際法・規範に反する、占領のパレスチナ民衆に対する恣意的慣例を非難した。

原文:The Palestinian Information Center
posted by mizya at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月08日

ザハルカ:ゴランのオイルを盗むイスラエルの計画

2012年08月03日

ナザレ、(PIC) -- イスラエル・クネセト(国会)のアラブ議員、ジャマル・ザハルカは、シリア、ゴラン高原のオイル・ガス資源を盗む計画で、イスラエル政府を非難した。

イスラエルのエネルギー大臣、ウジ・ランダウが、被占領シリア領でのオイルの実地調査開始を命じたニュース報道に関してコメントしていたザハルカは、決定は露骨な強盗であると語った。

彼は、ゴランはシリア領であり、イスラエルが国際法に反してその天然資源を搾取していると語った。

イスラエルは、30年以上前、ゴラン高原を併合し、入植者らがその土地を入植地、農業、工業目的のため利用するのを許した。

原文:The Palestinian Information Center


 米国がシリアのいわゆる「反体制派」に武器供与する究極の目的は、このあたりにあるのかもしれない。シリア体制に問題がないとは思わないが、「反体制」のうさんくささはシリア体制を凌ぐ。チュニジアやエジプトに起こったアラブの春でなく、限りなくリビア崩壊に近い。シリアの「反体制派」が、欧米の支援に振り回されて、イスラエルによるゴラン高原占領を見過ごすなら、とてもシリア市民の支持は得られまい。
posted by mizya at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

IOAがベツレヘムの村の建物2棟を破壊

2012年08月03日

ベツレヘム、(PIC) -- イスラエル占領当局 (IOA) は、木曜日、ベツレヘムのベイト・ジャラ村に、その破壊チームを派遣し、建設中の住宅とレストランの一部を破壊した。

地元情報筋は、100平米の住宅がジョージ・ハリリーアによる所有と語った。

彼らは、IOAチームが、ラムズィ・カイシーヤによる所有の、4月に破壊されたがカイシーヤが再建したレストランの厨房とトイレを破壊したと付け加えた。

カイシーヤは、建物が、1967年のイスラエルの西岸占領前に建設されたのだから、破壊は違法と告発した。

原文:The Palestinian Information Center


 オリンピックの期間中にも拘らず、イスラエルは攻撃に余念がない。古来、戦闘を中断してオリンピックは開催されたものだった。内村航平が床で銀メダルを得た競技をTVで見ていたが、日の丸が数枚下がった客席の隣に、ダヴィデの星がぶら下がっていて「嫌な予感」、イスラエルの選手は確かラトビアからの移民、彼が移民してくるまでイスラエルに体操選手はいなかったとか、アナウンサーか解説が語っていた。欧米からの移民を受け入れるためにイスラエルが、日夜、パレスチナ人の家屋を破壊しては土地を奪っていることも伝えてもらいたい。
posted by mizya at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。